ビデオ

最適な車両開発の鍵となる継続的な検証および妥当性確認

自動車メーカーにとっては、優れた自動車を正しく開発できるかが成否を左右します。この作業はしかし、困難を極めます。顧客からの要求と政府からの規制に対応するとなればなおさらです。このため、自動車の検証と妥当性評価には多大な工数がかかります。

MBSEの利点と自動車開発の継続的な検証

自動車の継続的な検証は、構想段階からライフサイクルの最後にいたるすべての段階をサポートします。統合型モデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) アプローチは、自動車開発の計画、管理、提供の各段階を変化させます。


自動車メーカーにとってMBSEの主軸は製品の仮想検証にあり

Software & Systems Engineeringは、MBSEアプローチを提供する手法です。その中核要素のひとつである製品検証機能は、開発中の自動車を仮想的に検証し、正しい自動車を毎回、適宜時に出荷します。

自動車メーカーにとっては、優れた自動車を正しく開発できるかが成否を左右します。この作業はしかし、困難を極めます。顧客からの要求と政府からの規制に対応するとなればなおさらです。このため、自動車の検証と妥当性評価には多大な工数がかかります。

MBSEの利点と自動車開発の継続的な検証

自動車の継続的な検証は、構想段階からライフサイクルの最後にいたるすべての段階をサポートします。統合型モデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) アプローチは、自動車開発の計画、管理、提供の各段階を変化させます。


自動車メーカーにとってMBSEの主軸は製品の仮想検証にあり

Software & Systems Engineeringは、MBSEアプローチを提供する手法です。その中核要素のひとつである製品検証機能は、開発中の自動車を仮想的に検証し、正しい自動車を毎回、適宜時に出荷します。