ホワイトペーパー

高度な生産 / 工作機械の設計にコラボレーション型設計アプローチを活用して、収益を最大化

複雑かつ動的な生産 / 工作機械市場は今日、根本的な変化に直面しており、装置メーカーは高度な複雑性に対処し、それを管理しなければなりません。こうした厳しい環境を生き抜くには、正しいツールが求められます。また、長期的な成功を収めるためには、一貫性を持ってそのツールを使いこなす方法を身に着ける必要があります。

CIMdataの新着ホワイトペーパーは、シーメンスの先進的な生産・工作機械エンジニアリングのソリューションを詳しく紹介するとともに、高度な生産 / 工作機械のこれからに備えるうえで必要な技術とそれを主導している傾向を考察します。

複数領域をまたぐ設計を最適化して、最も革新的な生産 / 工作機械を構築しましょう。

多くの装置メーカーは収益性を最大化するため、モジュラー式設計戦略を採用しています。最も基本的なレベルで言うと、モジュラー式設計はインターフェースを確保すること、つまり、モジュール間の接続ポイントに一貫性を持たせることが大切です。これにより、機械設計領域や物理設計領域の接続ポイント内にモジュールを簡単に追加できます。

複数領域をまたぐ設計が最適化されなければ、データの接続性が絶たれ、データの相互運用性の問題が次に示す別の問題を引き起こすことになりかねません。

  • それぞれの設計領域ごとに別々の設計ツールを使っているため、データ形式が共通化されていない、またはデータ変換に一貫性がない
  • データの表示方法が標準化されていない
  • 制御システムの統合の問題
  • 機械学習をサポートしていない

カスタマイズした生産 / 工作機械の開発には、高度な機械エンジニアリングソリューションが必要です。

CIMDataによると、大半の装置メーカーは製品を定義するうで複数の領域 (機械、電気、電子、ソフトウェア、油圧、空気力学) の機能を必要としています。装置メーカーはまず、製品アーキテクチャーを定義し、事業パフォーマンスを最適化するため、最大限の再利用を可能にするモジュール型設計を行います。このとき、コラボレーション型設計フレームワークのアプローチを最大活用することが市場リーダーの地位獲得につながります。

先進的な生産 / 工作機械エンジニアリングで複雑化を極める

CIMdataの新着ホワイトペーパーをダウンロードすると、高度な生産 / 工作機械の開発に関わるすべての設計領域を包括的に管理するマルチドメイン設計手法について学び、明日の装置エンジニアリング市場で成功を収める業界リーダーがどのような手法とツールを導入しているかを知ることができます。

このホワイトペーパーで学べる内容:

  • 高度な生産 / 工作機械設計ソフトウェアを活用して、競争優位性を獲得する方法
  • 最も包括的なデジタル・ツインを使用する利点
  • 生産 / 工作機械エンジニアリングの複雑性を生かし、極める方法

未来の生産・工作機械エンジニアリング市場で成功を収めるために、シーメンスの先進的なエンジニアリング手法をいかに活用するのかをはじめ、高度な生産 / 工作機械の設計とカスタマイズに関するベストプラクティスを学びましょう。この無料のホワイトペーパーをぜひダウンロードしてください。

ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

複雑かつ動的な生産 / 工作機械市場は今日、根本的な変化に直面しており、装置メーカーは高度な複雑性に対処し、それを管理しなければなりません。こうした厳しい環境を生き抜くには、正しいツールが求められます。また、長期的な成功を収めるためには、一貫性を持ってそのツールを使いこなす方法を身に着ける必要があります。

CIMdataの新着ホワイトペーパーは、シーメンスの先進的な生産・工作機械エンジニアリングのソリューションを詳しく紹介するとともに、高度な生産 / 工作機械のこれからに備えるうえで必要な技術とそれを主導している傾向を考察します。

複数領域をまたぐ設計を最適化して、最も革新的な生産 / 工作機械を構築しましょう。

多くの装置メーカーは収益性を最大化するため、モジュラー式設計戦略を採用しています。最も基本的なレベルで言うと、モジュラー式設計はインターフェースを確保すること、つまり、モジュール間の接続ポイントに一貫性を持たせることが大切です。これにより、機械設計領域や物理設計領域の接続ポイント内にモジュールを簡単に追加できます。

複数領域をまたぐ設計が最適化されなければ、データの接続性が絶たれ、データの相互運用性の問題が次に示す別の問題を引き起こすことになりかねません。

  • それぞれの設計領域ごとに別々の設計ツールを使っているため、データ形式が共通化されていない、またはデータ変換に一貫性がない
  • データの表示方法が標準化されていない
  • 制御システムの統合の問題
  • 機械学習をサポートしていない

カスタマイズした生産 / 工作機械の開発には、高度な機械エンジニアリングソリューションが必要です。

CIMDataによると、大半の装置メーカーは製品を定義するうで複数の領域 (機械、電気、電子、ソフトウェア、油圧、空気力学) の機能を必要としています。装置メーカーはまず、製品アーキテクチャーを定義し、事業パフォーマンスを最適化するため、最大限の再利用を可能にするモジュール型設計を行います。このとき、コラボレーション型設計フレームワークのアプローチを最大活用することが市場リーダーの地位獲得につながります。

先進的な生産 / 工作機械エンジニアリングで複雑化を極める

CIMdataの新着ホワイトペーパーをダウンロードすると、高度な生産 / 工作機械の開発に関わるすべての設計領域を包括的に管理するマルチドメイン設計手法について学び、明日の装置エンジニアリング市場で成功を収める業界リーダーがどのような手法とツールを導入しているかを知ることができます。

このホワイトペーパーで学べる内容:

  • 高度な生産 / 工作機械設計ソフトウェアを活用して、競争優位性を獲得する方法
  • 最も包括的なデジタル・ツインを使用する利点
  • 生産 / 工作機械エンジニアリングの複雑性を生かし、極める方法

未来の生産・工作機械エンジニアリング市場で成功を収めるために、シーメンスの先進的なエンジニアリング手法をいかに活用するのかをはじめ、高度な生産 / 工作機械の設計とカスタマイズに関するベストプラクティスを学びましょう。この無料のホワイトペーパーをぜひダウンロードしてください。