Webinar Series

すべての人にデジタル・ヘルスを: デジタル・ヘルスの次世代ソフトウェア開発についてのウェビナーシリーズ

4回シリーズを通して、複雑なソフトウェアソリューションを構築する方法や、規制の制約とアジャイル性のバランスを保つ方法を探り、ローコード開発がいかにDevOpsを加速させるかを説明します。参加者は、デジタル・ヘルス・アプリケーションにおいて最新のソフトウェア開発のスピードと現在の規制の枠組みとのバランスをうまく保つ方法を学べます。最終目標は、規模の大小を問わず企業が融通の利かない現状から脱却して、ソフトウェア製品をどのように変革できるかを描けるようになることです。

シーメンスのデジタル・ヘルス・シリーズについて

今日の救命に関わる医療ソリューションは、バリューチェーンのあらゆる側面でソフトウェアの上に成り立っています。未来に向かうあらゆるものがソフトウェア駆動になるなか、医療機器ソリューションの開発者は、最新かつ最高のアプローチを理解し、採用することが重要です。この分野では採用するスピードが、患者やその家族へのより良い結果につながります。このシリーズは、インテリジェントな設計管理、そしてデザイン・エクセレンスのマスタークラスの一部をベースに構成します。世界をリードするソフトウェアのプロバイダーであり開発者であるシーメンスは、変革を実現する方法を顧客と共有できるだけでなく、自社の変革への取り組みについても伝えることができます。

セッション:

セッション1 - 複雑なソフトウェアシステム開発

複雑な電気機械システムの一部であるソフトウェアの開発は、アジャイルなフレームワークを採用するだけでは実現しません。このセッションでは、GitHub、TFS、JIRA、Jenkins、PLM、テスト自動化 (ベクターキャストなど) など、医療機器業界で広く使用されているツールを適切に統合 (および管理) するという観点から、さまざまな手法を紹介します。

ウェビナーを再生

セッション2 - 医療機器としてのソフトウェアのための規制統合

アジャイルなソフトウェア開発は本来、設計管理や規制環境には向いていません。第2回目のセッションでは、標準規格のトレーサビリティとリスク管理の統合について取り上げ、アジャイルな視点とは本来何かということだけではなく、アジャイルなチームがどのようにデータを階層的に示せるかについて詳しくお伝えします。また、複雑さについてや、設計管理で複雑さを管理する方法についても説明します。

ウェビナーを再生

セッション3 - FDAのデジタルヘルスの規制の道のり

デジタル・ヘルス規制に対するFDAの取り組みについて、FDAのデジタル・ヘルス・ディレクターであるBakul Patel氏にインタービュー形式でお話を伺っています。FDAのデジタル・ヘルスへの取り組み、FDAのデジタル・トランスフォーメーションに対する立場、デジタル・トランスフォーメーションの取り組みにおける次なるステップ、デジタル・トランスフォーメーションの導入障壁を下げるためにFDAが取り組んでいる制約などについて、Larry氏とBakul氏が議論を交わします。

ウェビナーを再生

セッション4 - ローコード・ソフトウェア開発: はじめてのMendix

シーメンスのデジタル・ヘルスの最終セッションでは、複数のデータソースからアプリケーションを作成する方法をオープンなデモ形式でご紹介しながら、ローコードの価値を考えます。ローコードの展開やローコードの中核的研究拠点 (Center of Excellence) を築く方法について説明します。

ウェビナーを再生


マスタークラスの司会者について:

Larry Sampson

医療機器の分野で20年の運用経験を持つLarry Sampsonは、機器開発のアジャイル性と規制の考慮とのバランスをうまく取る方法を経験から熟知しています。シーメンスの医療機器プロセスのシニアディレクターとして、製品ライフサイクルのあらゆる面でのベストプラクティスについて、医療機器メーカーに伝授する日々を過ごしています。オフの時間は家族とコロラドの大自然を満喫しています。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア
医療機器プロセス、シニアディレクター、Larry Sampson

4回シリーズを通して、複雑なソフトウェアソリューションを構築する方法や、規制の制約とアジャイル性のバランスを保つ方法を探り、ローコード開発がいかにDevOpsを加速させるかを説明します。参加者は、デジタル・ヘルス・アプリケーションにおいて最新のソフトウェア開発のスピードと現在の規制の枠組みとのバランスをうまく保つ方法を学べます。最終目標は、規模の大小を問わず企業が融通の利かない現状から脱却して、ソフトウェア製品をどのように変革できるかを描けるようになることです。

シーメンスのデジタル・ヘルス・シリーズについて

今日の救命に関わる医療ソリューションは、バリューチェーンのあらゆる側面でソフトウェアの上に成り立っています。未来に向かうあらゆるものがソフトウェア駆動になるなか、医療機器ソリューションの開発者は、最新かつ最高のアプローチを理解し、採用することが重要です。この分野では採用するスピードが、患者やその家族へのより良い結果につながります。このシリーズは、インテリジェントな設計管理、そしてデザイン・エクセレンスのマスタークラスの一部をベースに構成します。世界をリードするソフトウェアのプロバイダーであり開発者であるシーメンスは、変革を実現する方法を顧客と共有できるだけでなく、自社の変革への取り組みについても伝えることができます。

セッション:

セッション1 - 複雑なソフトウェアシステム開発

複雑な電気機械システムの一部であるソフトウェアの開発は、アジャイルなフレームワークを採用するだけでは実現しません。このセッションでは、GitHub、TFS、JIRA、Jenkins、PLM、テスト自動化 (ベクターキャストなど) など、医療機器業界で広く使用されているツールを適切に統合 (および管理) するという観点から、さまざまな手法を紹介します。

ウェビナーを再生

セッション2 - 医療機器としてのソフトウェアのための規制統合

アジャイルなソフトウェア開発は本来、設計管理や規制環境には向いていません。第2回目のセッションでは、標準規格のトレーサビリティとリスク管理の統合について取り上げ、アジャイルな視点とは本来何かということだけではなく、アジャイルなチームがどのようにデータを階層的に示せるかについて詳しくお伝えします。また、複雑さについてや、設計管理で複雑さを管理する方法についても説明します。

ウェビナーを再生

セッション3 - FDAのデジタルヘルスの規制の道のり

デジタル・ヘルス規制に対するFDAの取り組みについて、FDAのデジタル・ヘルス・ディレクターであるBakul Patel氏にインタービュー形式でお話を伺っています。FDAのデジタル・ヘルスへの取り組み、FDAのデジタル・トランスフォーメーションに対する立場、デジタル・トランスフォーメーションの取り組みにおける次なるステップ、デジタル・トランスフォーメーションの導入障壁を下げるためにFDAが取り組んでいる制約などについて、Larry氏とBakul氏が議論を交わします。

ウェビナーを再生

セッション4 - ローコード・ソフトウェア開発: はじめてのMendix

シーメンスのデジタル・ヘルスの最終セッションでは、複数のデータソースからアプリケーションを作成する方法をオープンなデモ形式でご紹介しながら、ローコードの価値を考えます。ローコードの展開やローコードの中核的研究拠点 (Center of Excellence) を築く方法について説明します。

ウェビナーを再生


マスタークラスの司会者について:

Larry Sampson

医療機器の分野で20年の運用経験を持つLarry Sampsonは、機器開発のアジャイル性と規制の考慮とのバランスをうまく取る方法を経験から熟知しています。シーメンスの医療機器プロセスのシニアディレクターとして、製品ライフサイクルのあらゆる面でのベストプラクティスについて、医療機器メーカーに伝授する日々を過ごしています。オフの時間は家族とコロラドの大自然を満喫しています。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア
医療機器プロセス、シニアディレクター、Larry Sampson