Video

航空宇宙関連規格の準拠に伴うリスクと工数を管理する

電気面のコンプライアンスは高いコストがかかるうえ、手作業でレポートをまとめる作業のために航空宇宙開発プログラムの収益性を損なうほどの遅れを招く結果になっています。デジタル・ツインに直接アクセスすることで、飛行シナリオの解析を可能にします。これにより、型式証明や運航開始 (EIS) といったマイルストーンをサポートする解析結果や設計詳細などのレポートをエンジニアが出力できます。

航空機は、運航前に認証を取得することが求められており、そのなかでも、電気配線関連の認証には、電気システムの負荷をすべての飛行フェーズと運用フェーズにわたって解析する必要があります。航空機のテール番号は固有である (マスカスタマイゼーション) ため、非常に重要です。デジタル・ツインを使用するシーメンスのソリューションは、開発ライフサイクルを通じて、製品の継続的な検証を可能にします。世界最大のこの航空機メーカーは、電気負荷を解析し、必要なレポートを自動生成し、結果として、時間のかかっていた手作業プロセスを自動化できました。

電気面のコンプライアンスは高いコストがかかるうえ、手作業でレポートをまとめる作業のために航空宇宙開発プログラムの収益性を損なうほどの遅れを招く結果になっています。デジタル・ツインに直接アクセスすることで、飛行シナリオの解析を可能にします。これにより、型式証明や運航開始 (EIS) といったマイルストーンをサポートする解析結果や設計詳細などのレポートをエンジニアが出力できます。

航空機は、運航前に認証を取得することが求められており、そのなかでも、電気配線関連の認証には、電気システムの負荷をすべての飛行フェーズと運用フェーズにわたって解析する必要があります。航空機のテール番号は固有である (マスカスタマイゼーション) ため、非常に重要です。デジタル・ツインを使用するシーメンスのソリューションは、開発ライフサイクルを通じて、製品の継続的な検証を可能にします。世界最大のこの航空機メーカーは、電気負荷を解析し、必要なレポートを自動生成し、結果として、時間のかかっていた手作業プロセスを自動化できました。