本文へ移動
E-book

ジェネレーティブデザインと複数領域にまたがる設計最適化の力を発揮

産業機械のパラダイムは大きく変わりつつあります。今日の機械は、もはや1つの機械的装置ではなくなり、電気設計とソフトウェア開発をそれぞれ別の領域で進めています。

複数領域にまたがる設計の最適化とジェネレーティブデザインの活用を通じて、エンジニアでは考えつかないような設計アイデアが自動で生成されるようになり、機械の設計を改善できます。ジェネレーティブデザインは、制約条件を定義するだけで、トポロジ最適化アルゴリズムに基づいた複数の設計改善案を提示する機能であり、創造の新たな世界を開きます。


ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

連携的な設計最適化、ジェネレーティブデザイン、ファセット・モデリングでエンジニアを強化

この電子ブックでは、自力で作成するよりはるかに多くの設計案を提示するジェネレーティブデザインをコラボレーション環境で使用して設計を最適化する方法を説明します。また、コンセプト設計や詳細設計でもこの技術を活用する例を紹介します。

さらに、シーメンスの統合ソフトウェアソリューションに含まれるパラメトリック・モデリング、ダイレクト・モデリング、ファセット・モデリングといった機能を互換的に活用する方法も説明します。これにより、CADアプリケーションとCAD類似の専門アプリケーションとを併用したジェネレーティブデザインフローで起こりがちなデジタルワークフローの分断を回避できます。

また、複数のアプリケーション間で3Dデータ、メッシュ形状、境界表現をやり取りする必要もないため、形状の修正に時間を取られる心配がありません。設計に専念できます。

連携的な設計プロセスによって、要件を最も柔軟に定義できる設計初期に多くの設計案を検討

エンジニアは、連携的な設計プロセスを活用して、設計制約に基づいた新しい製品を素早く開発できます。ジェネレーティブデザインは、素早く結果を生成する反復的なプロセスです。制約バリエーションに基づいてデザインを調整し、要件に合った最適な設計を見つけることができます。製品をより早く市場投入しなければならないというプレッシャーに直面している企業にとって、ジェネレーティブデザインはもはや製品開発に欠かせないものとなりました。時間の限られているエンジニアは、最適な設計というより、最初に実現可能となった設計を選択しがちです。企業が競争力を維持するには、エンジニアを強化するツールを採用し、開発プロセスのできるだけ早期に要件に合った最適な設計を見つけられなければなりません。

開発プロセスにおけるジェネレーティブデザイン

ジェネレーティブデザインの考え方そのものは比較的単純です。ジェネレーティブ・デザインは、一連の制約条件に基づいて、多数の設計代替案を自動的に提示してくれるCADアプリケーションの機能です。その間、エンジニアの指示や操作は不要なため、エンジニアは別の作業に時間を割くことができます。

Lifecycle InsightsのアナリストであるChad Jackson氏による電子ブックをダウンロードして、エンジニアと設計者を無敵にするジェネレーティブデザインとファセット・モデリングについてお読みください。