本文へ移動
Resource

船舶設計のフルスケールCFDシミュレーション: Milovan Pericの見解

船舶設計にも数値流体力学 (CFD) が広く適用されるようになってきました。CFDは通常、試験用タンク検証データと比較することを目的として、模型スケールで実施されます。しかし、レイノルズ数のスケール変換を観測しないため、模型スケールの結果をフルスケールに変換するのが困難です。このため、模型スケールでは最適と思われた設計案が、フルスケールの要件を満たさないことも珍しくないのです。プロペラや省エネ付加物といったスケールの違う船舶コンポーネント間の相互作用の検証も模型スケールでは容易ではありません。 

このホワイトペーパーでは、Milovan Peric教授がフルスケールCFDに関する通説を精査し、現実的な動作条件下で船舶設計のフルスケールCFD解析を行うことを推奨しています。また、レイノルズ数のスケール変換と計算メッシュ要件に対する影響を考察するとともに、フルスケールのCFDシミュレーションを適用した複雑な事例を紹介します。フルスケールシミュレーションは多くの場合、代替手法に比べて精度と信頼性が高く、設計パフォーマンスの詳細な理解に役立ちます。


ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

ありがとうございます!

この関連情報をダウンロードできます。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。