ホワイトペーパー

Using virtual testing to improve heat rejection predictions in combustion engines

物理試験のデータに裏付けされたソフトウェアベースの仮想試験を用いて、エンジン開発早期に熱遮断を予測する新しい手法について知ることができます。

従来、熱遮断の予測には物理的な試作エンジンとテストベンチを使っていました。この方法では、エンジンの設計変更や最適化に高いコストがかかります。理想は、最初のハードウェアを組み立てる前に、設計サイクルの早い段階で熱遮断の問題を特定できることです。

このホワイトペーパーは、物理試験のデータに裏付けされたソフトウェアベースの仮想試験を用いて熱遮断を予測する、InDesA GmbHが開発した新しい数値流体力学 (CFD) およびシステムシミュレーション手法について解説しています。

内容:

  • 物理試験を補完するシミュレーションの活用
  • 流体流れと熱伝達の1D/3D表現に基づいてシミュレーションモデルを校正
  • 物理試験セルを仮想アンダーフード環境に置き換える

ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

物理試験のデータに裏付けされたソフトウェアベースの仮想試験を用いて、エンジン開発早期に熱遮断を予測する新しい手法について知ることができます。

従来、熱遮断の予測には物理的な試作エンジンとテストベンチを使っていました。この方法では、エンジンの設計変更や最適化に高いコストがかかります。理想は、最初のハードウェアを組み立てる前に、設計サイクルの早い段階で熱遮断の問題を特定できることです。

このホワイトペーパーは、物理試験のデータに裏付けされたソフトウェアベースの仮想試験を用いて熱遮断を予測する、InDesA GmbHが開発した新しい数値流体力学 (CFD) およびシステムシミュレーション手法について解説しています。

内容:

  • 物理試験を補完するシミュレーションの活用
  • 流体流れと熱伝達の1D/3D表現に基づいてシミュレーションモデルを校正
  • 物理試験セルを仮想アンダーフード環境に置き換える