ホワイトペーパー

E/Eシステム開発であいまいになる境界線

自動車、航空宇宙システム、建設機械車両とその隣接業界に共通する傾向として、製品開発の特性と課題が大きく変化していることが挙げられます。今日の製品に期待される高機能を提供するには、複数の設計領域が関わるコンポーネントを統合する必要があります。機械、電気、電子、組み込みソフトウェアを一体的に開発しなければ、自動運転、接続性、電動化といった求められる機能を装備することはできません。E/E統合ソリューションは、将来的な課題を解決するとともに、複雑化と市場投入期間の短縮に苦戦している企業をサポートします。

自動車業界は、システム開発の新たな課題に直面しています。

自動車業界、航空宇宙業界、隣接業界に新たな技術を提供しようと多くの企業が模索しているなか、従来の製品開発アプローチでは、複数の業界に共通の動向 (電動化、自動運転、接続性など) に対処できません。こうしたイノベーションの主体は、組み込みソフトウェア、通信ネットワーク、電子部品、電気システムを含めた電気 / 電子 (E/E) であることから、E/E統合システムの複雑化が急激に進み、数年前は専門家すら予想していなかったレベルにまで高まっています。コヒーレントな統合手法で複雑なマルチドメインシステムを開発するうえでの最大の課題は、未来の市場課題に対処できるようにE/Eシステム開発手法を常に進化させていかなければならないことです。

エンドツーエンド環境で次世代のE/Eシステムを開発

これからの開発アプローチは、ソフトウェア、電気、電子、ネットワークといった各開発領域の境界をあいまいにすることで、包括的なトレーサビリティーとコンプライアンスを確保しつつ、製品開発を加速させることを求められています。このホワイトペーパーは、複数の業界にまたがる製品開発動向を踏まえ、それが製品開発にどのような影響を及ぼすかを議論し、次世代型の包括的なE/Eシステム開発手法の特性と利点を明らかにします。

ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

自動車、航空宇宙システム、建設機械車両とその隣接業界に共通する傾向として、製品開発の特性と課題が大きく変化していることが挙げられます。今日の製品に期待される高機能を提供するには、複数の設計領域が関わるコンポーネントを統合する必要があります。機械、電気、電子、組み込みソフトウェアを一体的に開発しなければ、自動運転、接続性、電動化といった求められる機能を装備することはできません。E/E統合ソリューションは、将来的な課題を解決するとともに、複雑化と市場投入期間の短縮に苦戦している企業をサポートします。

自動車業界は、システム開発の新たな課題に直面しています。

自動車業界、航空宇宙業界、隣接業界に新たな技術を提供しようと多くの企業が模索しているなか、従来の製品開発アプローチでは、複数の業界に共通の動向 (電動化、自動運転、接続性など) に対処できません。こうしたイノベーションの主体は、組み込みソフトウェア、通信ネットワーク、電子部品、電気システムを含めた電気 / 電子 (E/E) であることから、E/E統合システムの複雑化が急激に進み、数年前は専門家すら予想していなかったレベルにまで高まっています。コヒーレントな統合手法で複雑なマルチドメインシステムを開発するうえでの最大の課題は、未来の市場課題に対処できるようにE/Eシステム開発手法を常に進化させていかなければならないことです。

エンドツーエンド環境で次世代のE/Eシステムを開発

これからの開発アプローチは、ソフトウェア、電気、電子、ネットワークといった各開発領域の境界をあいまいにすることで、包括的なトレーサビリティーとコンプライアンスを確保しつつ、製品開発を加速させることを求められています。このホワイトペーパーは、複数の業界にまたがる製品開発動向を踏まえ、それが製品開発にどのような影響を及ぼすかを議論し、次世代型の包括的なE/Eシステム開発手法の特性と利点を明らかにします。