Resource

技術白書「自動運転を目的とした機能への移行を理解する」

自動運転が自動車業界に与えた革命のインパクトは大きく、自動車メーカーや技術企業から地方自治体および国家政府に至るまで、さまざまな関係者にとって、新しい可能性が広がってきました。しかし、自動車のインターネット接続機能がこれまで以上に充実してきている一方、自律的に考え行動する車の安全性をどのように保証するのかという重要な課題が立ちはだかっています。

この技術白書は、このような課題に対する世界の技術動向や規制当局の対応について、簡易的に行われた調査の結果を踏まえて執筆されました。特に注目すべきは、現在策定中のISO 21448です。ISO 21448は、自動運転車における電子部品のSOTIF (Safety of the Intended Functionality) への対応方法を規定するものです。規格委員会は、多様化が進むサプライチェーンから提供されたすべての電子機器や機械システムへ対応を含め、より広範囲をカバーしようと試みています。この規格では、自動車を運転する人間やAIからの反応を引き起こす場面、シナリオ、および要因やそれらの組み合わせが大量にリスト化される予定です。

この技術白書は、Centre of Excellence for Testing and Research of Autonomous Vehicles – Nanyang Technological University (CETRAN)、Singapore Manufacturing Federation – Standards Development Organisation (SMF-SDO)、およびシンガポール陸上交通庁 (LTA) によって、2018年9月に実施されたワークショップ向けに準備された内容です。

Joseph Dailey (Mentor、グローバル・ファンクショナル・セーフティー・マネージャー)、Gwen Van Vught (シーメンス事業部門TASS International、モビリティー・センター・ディレクター )、およびAjinkya Bhave (シーメンスPLMソフトウェア、エンジニアリング・マネージャー) により執筆されたこの技術白書を、ぜひ、ご一読ください。

You have successfully registered to download our Understanding the Move to Intended Functionality in Autonomy

ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

Thank you!

Read it now

You have successfully registered to download our Understanding the Move to Intended Functionality in Autonomy

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

自動運転が自動車業界に与えた革命のインパクトは大きく、自動車メーカーや技術企業から地方自治体および国家政府に至るまで、さまざまな関係者にとって、新しい可能性が広がってきました。しかし、自動車のインターネット接続機能がこれまで以上に充実してきている一方、自律的に考え行動する車の安全性をどのように保証するのかという重要な課題が立ちはだかっています。

この技術白書は、このような課題に対する世界の技術動向や規制当局の対応について、簡易的に行われた調査の結果を踏まえて執筆されました。特に注目すべきは、現在策定中のISO 21448です。ISO 21448は、自動運転車における電子部品のSOTIF (Safety of the Intended Functionality) への対応方法を規定するものです。規格委員会は、多様化が進むサプライチェーンから提供されたすべての電子機器や機械システムへ対応を含め、より広範囲をカバーしようと試みています。この規格では、自動車を運転する人間やAIからの反応を引き起こす場面、シナリオ、および要因やそれらの組み合わせが大量にリスト化される予定です。

この技術白書は、Centre of Excellence for Testing and Research of Autonomous Vehicles – Nanyang Technological University (CETRAN)、Singapore Manufacturing Federation – Standards Development Organisation (SMF-SDO)、およびシンガポール陸上交通庁 (LTA) によって、2018年9月に実施されたワークショップ向けに準備された内容です。

Joseph Dailey (Mentor、グローバル・ファンクショナル・セーフティー・マネージャー)、Gwen Van Vught (シーメンス事業部門TASS International、モビリティー・センター・ディレクター )、およびAjinkya Bhave (シーメンスPLMソフトウェア、エンジニアリング・マネージャー) により執筆されたこの技術白書を、ぜひ、ご一読ください。

You have successfully registered to download our Understanding the Move to Intended Functionality in Autonomy

ご質問はありますか?