本文へ移動
ホワイトペーパー

技術白書「自動運転車の開発に向けた、ハードウェアとソフトウェアの複雑なプロセスの統合」

自動運転車の開発に伴う重大な課題は、ハードウェア (機械、電子 / 電気を含む) とソフトウェアの開発プロセスを、本質的に統合できるエンジニアリング環境を用意することです。


ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

ありがとうございます!

この関連情報をダウンロードできます。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

シーメンスは、必要に応じて統合したり独立して使用できる一連のツールや、それらのツールを連携できる環境を提供します。シーメンスは、以下ような自動運転車開発に関連したソリューションを提供します。

  • シリコン化前の検証による、低電力、高パフォーマンスのシステム・オンチップ開発
  • センサー・フュージョンや低消費電力を実現するフォーム・ファクター構成による、自動運転計算プラットフォーム・エミュレーション
  • 組み込みソフトウェア開発、オートメーション、テストおよびリリース管理
  • 機械学習、センサー・フュージョン、およびパス・プランニングのための制御アルゴリズム
  • 自動運転およびパフォーマンス最適化のためのセンサー開発
  • センサーの耐久性と信頼性を考慮した複雑な電子サブシステムの統合
  • 分散型ソフトウェアおよびネットワーク通信向けの車両E / E (電子 / 電気) アーキテクチャーの最適化
  • 安全上重要な回帰および希少テストを確実に網羅するため、大量の現世界のシナリオとデジタル・ツインを同期させた仮想環境において、車両レベルと乗員レベルの自動運転システムの検証 / 妥当性確認

シーメンスPLMソフトウェアで自動車業界ソリューション担当グローバル・ディレクターを務めるPiyush Karkareが執筆したこの技術白書を、ぜひ、ご一読ください。

技術白書「自動運転車の開発に向けた、ハードウェアとソフトウェアの複雑なプロセスの統合」のダウンロードが可能となりました。