本文へ移動
関連情報

自動運転車設計のための持続可能なエンジニアリングプロセスを促進するベストプラクティス

自動運転車や電気自動車、コネクテッドカーの出現で、自動車産業は改革を求められています。これから起ころうとしている自動車産業の大転換によって、今日の製品開発プロセスは、こうした次世代車両の大量生産を実現するには持続可能なプロセスではなくなりました。数百万もの人々が都市交通の中を車両制御システムに指示されながら車で運搬されることを目標とするなら、システムは安定して追跡可能な、信頼性の高い製品開発環境で作らなければなりません。車両エンジニアリングのパラダイムシフトはまさに起ころうとしています。

このホワイトペーパーは、自動運転車設計のための持続可能なエンジニアリングプロセスを促進するベストプラクティスについて説明しています。一般的なフレームワークの中でシミュレーションとテストを実行することで、自動運転車開発のための設計探索、検証、妥当性確認をシステムレベル、ソフトウェアレベル、車両全体レベルで実現し、自動運転向けの成熟した製品開発プロセスを促進できる方法を紹介します。


ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

ありがとうございます!

この関連情報をダウンロードできます。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。