ホワイトペーパー

航空機の効率的な地上振動試験 (GVT) によって耐空証明の取得を加速させる

航空機の地上振動試験 (GVT) は、耐空証明プロセスの中で重要なマイルストーンです。GVTから得られる航空機全体の構造に関する振動実験データは、構造力学モデルの検証と改善に役立てられます。モデルは、フラッター動作の予測や、セーフティクリティカルな飛行試験の計画作成に使用されます。

このホワイトペーパーでは、耐空証明プロセスを加速させる技法と、できる限り短時間に広範で有用なデータを得るための方法についてご紹介します。これらの技法をエンジニアが活用することで、GVTを効率的に、結果の正確性を低下させることなく実施できます。

地上振動試験を効率的に実施するには

航空機の使用が限られている中、極めて厳しい期日に追われているエンジニアは、より迅速かつ効率的に地上振動試験を実施し、航空機の挙動に関する詳細な知見を得る必要があります。

しかし、試験の要求事項をスケジュールどおりに満たすのは、たやすいことではありません。

効率的な地上振動試験に関するこのホワイトペーパーでは、次の内容を学べます。

  • 有限要素 (FE) モデルを試験準備に統合することによって、試験のセットアップ時間を短縮する方法
  • 適切なハードウェアとソフトウェアのソリューションを使用し、試験のセットアップを効率的に検証する方法
  • あらゆる加振信号を活用して、計測を加速する方法
  • 迅速なデータ処理の力を役立て、モーダルパラメーターをより迅速かつ簡単に推定する方法
  • 確信を持って航空機のFEモデルをアップデートする方法

次世代航空機が耐空証明の課題をクリアする方法とは

航空機メーカーは厳しい排出規制に適合するため、革新的な航空機アーキテクチャ、および複合材を使用した軽量構造の設計と開発を行っています。新しいアーキテクチャや材料が航空機の構造力学性能に及ぼす影響は、明確ではありません。電気推進システムは、垂直離着陸 (VTOL) 機の破壊的な構成と、新しいコンセプトであるアーバンエアモビリティ (空とぶクルマ) が発展する可能性をもたらします。これらの革新的な設計の性能を検証し、微調整するために必要な仕事量は今まで以上ですが、時間的制約は依然として存在します。エンジニアは開発プログラムの期日に追われる一方で、航空機の構造力学性能に関する経験もデータも不足しています。

Simcenterのブロガーが、「次世代航空機が耐空証明という課題をクリアできるか」を航空業界のエキスパートであるRaphaël Hallezにインタビューしました。ぜひご覧ください。次世代航空機が耐空証明という課題をクリアできるか

耐空証明規制の動向に関するEASA専門家の知見

2018年に開催された「Simcenter GVT Master Class」と題するセミナーでは、欧州航空安全機関 (EASA) の構造に関するエキスパートであるElena Garcia Sanchez氏をお招きし、空力弾性安定性の要件に適合し、飛行機の構造力学性能を検証する方法をお話しいただきました。

その詳細は、Simcenterのブログ「耐空証明規制の動向に関するEASA専門家の知見」に掲載しています。

航空機の構造力学特性を評価するための豊富なソリューションを詳しく見る

SimcenterにはGVT以外にも、飛行機の効率的な構造力学性能試験向けに幅広いソリューションが用意されています。Simcenter試験ソリューションでは、膨大な試行錯誤による試験と時間のかかるセットアップが不要です。これにより、最先端のモーダルパラメーター特定方法を使用して、問題の根本原因を集中的に調べ、構造の弱点を解消するための最適な解決策を簡単に特定できます。

構造力学試験は、単純な衝撃試験から大規模なモーダル試験まで、幅広い振動関連の問題解決に役立ちます。Simcenterが提供している最先端の豊富なソリューションについては、構造力学試験で詳しく紹介しています。

航空機の地上振動試験とフラッター解析の裏付けとなる理論とは

ホワイトペーパーで扱われている内容について、よく知らないという方は、最初にナレッジベースアーティクル「航空機の地上振動試験とフラッター解析」をお読みください。 基礎知識がわかり、もっと知りたくなるはずです。

ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

航空機の地上振動試験 (GVT) は、耐空証明プロセスの中で重要なマイルストーンです。GVTから得られる航空機全体の構造に関する振動実験データは、構造力学モデルの検証と改善に役立てられます。モデルは、フラッター動作の予測や、セーフティクリティカルな飛行試験の計画作成に使用されます。

このホワイトペーパーでは、耐空証明プロセスを加速させる技法と、できる限り短時間に広範で有用なデータを得るための方法についてご紹介します。これらの技法をエンジニアが活用することで、GVTを効率的に、結果の正確性を低下させることなく実施できます。

地上振動試験を効率的に実施するには

航空機の使用が限られている中、極めて厳しい期日に追われているエンジニアは、より迅速かつ効率的に地上振動試験を実施し、航空機の挙動に関する詳細な知見を得る必要があります。

しかし、試験の要求事項をスケジュールどおりに満たすのは、たやすいことではありません。

効率的な地上振動試験に関するこのホワイトペーパーでは、次の内容を学べます。

  • 有限要素 (FE) モデルを試験準備に統合することによって、試験のセットアップ時間を短縮する方法
  • 適切なハードウェアとソフトウェアのソリューションを使用し、試験のセットアップを効率的に検証する方法
  • あらゆる加振信号を活用して、計測を加速する方法
  • 迅速なデータ処理の力を役立て、モーダルパラメーターをより迅速かつ簡単に推定する方法
  • 確信を持って航空機のFEモデルをアップデートする方法

次世代航空機が耐空証明の課題をクリアする方法とは

航空機メーカーは厳しい排出規制に適合するため、革新的な航空機アーキテクチャ、および複合材を使用した軽量構造の設計と開発を行っています。新しいアーキテクチャや材料が航空機の構造力学性能に及ぼす影響は、明確ではありません。電気推進システムは、垂直離着陸 (VTOL) 機の破壊的な構成と、新しいコンセプトであるアーバンエアモビリティ (空とぶクルマ) が発展する可能性をもたらします。これらの革新的な設計の性能を検証し、微調整するために必要な仕事量は今まで以上ですが、時間的制約は依然として存在します。エンジニアは開発プログラムの期日に追われる一方で、航空機の構造力学性能に関する経験もデータも不足しています。

Simcenterのブロガーが、「次世代航空機が耐空証明という課題をクリアできるか」を航空業界のエキスパートであるRaphaël Hallezにインタビューしました。ぜひご覧ください。次世代航空機が耐空証明という課題をクリアできるか

耐空証明規制の動向に関するEASA専門家の知見

2018年に開催された「Simcenter GVT Master Class」と題するセミナーでは、欧州航空安全機関 (EASA) の構造に関するエキスパートであるElena Garcia Sanchez氏をお招きし、空力弾性安定性の要件に適合し、飛行機の構造力学性能を検証する方法をお話しいただきました。

その詳細は、Simcenterのブログ「耐空証明規制の動向に関するEASA専門家の知見」に掲載しています。

航空機の構造力学特性を評価するための豊富なソリューションを詳しく見る

SimcenterにはGVT以外にも、飛行機の効率的な構造力学性能試験向けに幅広いソリューションが用意されています。Simcenter試験ソリューションでは、膨大な試行錯誤による試験と時間のかかるセットアップが不要です。これにより、最先端のモーダルパラメーター特定方法を使用して、問題の根本原因を集中的に調べ、構造の弱点を解消するための最適な解決策を簡単に特定できます。

構造力学試験は、単純な衝撃試験から大規模なモーダル試験まで、幅広い振動関連の問題解決に役立ちます。Simcenterが提供している最先端の豊富なソリューションについては、構造力学試験で詳しく紹介しています。

航空機の地上振動試験とフラッター解析の裏付けとなる理論とは

ホワイトペーパーで扱われている内容について、よく知らないという方は、最初にナレッジベースアーティクル「航空機の地上振動試験とフラッター解析」をお読みください。 基礎知識がわかり、もっと知りたくなるはずです。