ブリーフ

アジャイル手法で航空機を迅速に開発

航空宇宙・防衛企業は、思考を切り替え、よりアジャイルな開発手法へ舵を切ることに利点があります。複数の設計領域間を結び付けることで、連携が良くなるとしても、それによるメリットは限定的です。

少ないエンジニアでより多くの成果を発揮している企業であっても、競争力を維持し続けるためにすべきことはまだあります。このエグゼクティブブリーフは、設計チーム間の連携をどれほど強化しても、ソフトウェアシステムが分断されている限り、その効果には限界があること、そしてそれを克服する方法を紹介します。

サイロ化したシステムや専門に特化したソフトウェアの持つ汎用性

航空宇宙・防衛企業は、エンジニアリングチームの連携強化を進めているものの、依然として細分化した複数のシステムを使用しています。電気設計、機械設計、ソフトウェア設計で使用するシステムまでを含めた統合を進めれば、連携からより大きなメリットを得られるでしょう。しかし、専門性の高いソフトウェアはそれぞれ独自の言語を持っています。このため、各ソフトウェアで使われる言語をプロジェクト全体の共通言語へと手動で変換しなければなりません。変換には専門家の手を借りなければならないこともあり、より革新的でコスト効果の高い設計を目指すエンジニアの熱意をそぐことすらあります。

デジタル・ツインは航空機のアジャイル開発を支援します。

アジャイル開発手法に舵を切った企業こそが市場投入期間の短縮とコスト超過の回避を達成し、さらに最も重要な高品質の新製品を一貫して開発することに成功しています。アジャイル開発は、プロジェクトを短いサイクルに細分化して、個別の設計品質とプロジェクト全体との相互作用とを都度、評価しながら進める手法です。包括的なデジタル・ツインを活用しながら評価の頻度を高めることで、設計変更に柔軟に対応できるとともに、終盤での大幅な設計変更を回避することで、コスト効率を最大30倍高めます。

スタートアップ企業でも投資効果を実証されたアジャイル製品開発

アジャイル開発が最初に導入されたのはソフトウェア設計分野ですが、その反復性は数々の業界のエンジニアリング領域にも有用であることが明らかです。航空宇宙・防衛産業は今、アジャイル開発を導入するスタートアップ企業が老舗企業の市場シェアを脅かし始めています。

小規模なスタートアップ企業にとって、最初からアジャイルフレームワークを導入できるのは利点です。新規参入企業の脅威を抑えたい大企業は企業文化や研修制度を変える必要があるかもしれません。これは、完全統合型ソフトウェア環境を使用したモデルベースシステムエンジニアリング手法への移行を意味します。シーメンスのツールセットは、デジタル・トランスフォーメーションの成功を支援する柔軟性と可視性を提供します。

ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

航空宇宙・防衛企業は、思考を切り替え、よりアジャイルな開発手法へ舵を切ることに利点があります。複数の設計領域間を結び付けることで、連携が良くなるとしても、それによるメリットは限定的です。

少ないエンジニアでより多くの成果を発揮している企業であっても、競争力を維持し続けるためにすべきことはまだあります。このエグゼクティブブリーフは、設計チーム間の連携をどれほど強化しても、ソフトウェアシステムが分断されている限り、その効果には限界があること、そしてそれを克服する方法を紹介します。

サイロ化したシステムや専門に特化したソフトウェアの持つ汎用性

航空宇宙・防衛企業は、エンジニアリングチームの連携強化を進めているものの、依然として細分化した複数のシステムを使用しています。電気設計、機械設計、ソフトウェア設計で使用するシステムまでを含めた統合を進めれば、連携からより大きなメリットを得られるでしょう。しかし、専門性の高いソフトウェアはそれぞれ独自の言語を持っています。このため、各ソフトウェアで使われる言語をプロジェクト全体の共通言語へと手動で変換しなければなりません。変換には専門家の手を借りなければならないこともあり、より革新的でコスト効果の高い設計を目指すエンジニアの熱意をそぐことすらあります。

デジタル・ツインは航空機のアジャイル開発を支援します。

アジャイル開発手法に舵を切った企業こそが市場投入期間の短縮とコスト超過の回避を達成し、さらに最も重要な高品質の新製品を一貫して開発することに成功しています。アジャイル開発は、プロジェクトを短いサイクルに細分化して、個別の設計品質とプロジェクト全体との相互作用とを都度、評価しながら進める手法です。包括的なデジタル・ツインを活用しながら評価の頻度を高めることで、設計変更に柔軟に対応できるとともに、終盤での大幅な設計変更を回避することで、コスト効率を最大30倍高めます。

スタートアップ企業でも投資効果を実証されたアジャイル製品開発

アジャイル開発が最初に導入されたのはソフトウェア設計分野ですが、その反復性は数々の業界のエンジニアリング領域にも有用であることが明らかです。航空宇宙・防衛産業は今、アジャイル開発を導入するスタートアップ企業が老舗企業の市場シェアを脅かし始めています。

小規模なスタートアップ企業にとって、最初からアジャイルフレームワークを導入できるのは利点です。新規参入企業の脅威を抑えたい大企業は企業文化や研修制度を変える必要があるかもしれません。これは、完全統合型ソフトウェア環境を使用したモデルベースシステムエンジニアリング手法への移行を意味します。シーメンスのツールセットは、デジタル・トランスフォーメーションの成功を支援する柔軟性と可視性を提供します。