本文へ移動

Quantify and qualify vibro-acoustic performance

システムの振動挙動を完全に把握するために、エンジニアは伝達経路解析(TPA)を実施します。伝達経路解析を実行すると、加振源から指定の受信位置までの固体および空中エネルギー伝達経路を特定して評価できます。

TPAは、さまざまな振動源とその経路を定量化して、重要な要素、騒音の問題への寄与が最も大きい要素、互いに打ち消し合う要素を判定します。定量化されモデル化された振動源と経路から、TPAはシステムのNVHパフォーマンスを最適化するための比較的簡単な設計タスクになります。

Transfer Path Analysis

システムの振動挙動を完全に把握するために、エンジニアは伝達経路解析(TPA)を実施します。伝達経路解析を実行すると、加振源から指定の受信位置までの固体および空中エネルギー伝達経路を特定して評価できます。

TPAは、さまざまな振動源とその経路を定量化して、重要な要素、騒音の問題への寄与が最も大きい要素、互いに打ち消し合う要素を判定します。定量化されモデル化された振動源と経路から、TPAはシステムのNVHパフォーマンスを最適化するための比較的簡単な設計タスクになります。

Simcenter Testlab

Combine multi-channel data acquisition, comprehensive integrated testing solutions and data management for test-based engineering

詳細情報
主なユーザー事例

DENSO

DENSO uses Siemens Digital Industries Software solutions to reduce time needed to make transfer path analysis measurements by 70 percent

Automotive supplier releases products three times faster by using Simcenter Engineering services

DENSO uses Siemens Digital Industries Software solutions to reduce time needed to make transfer path analysis measurements by 70 percent

詳細情報 See all Success Stories

オンデマンド・ウェビナー | 33 分

コンポーネントベースの伝達経路解析 (TPA): 未来を見据えた自動車開発の高度なNVH戦略

コンポーネントベースの伝達経路解析 (TPA)

測定済みのモジュール型コンポーネントモデルを活用して、車両全体のノイズを予測

ウェビナーを見る

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。