音質エンジニアリング

客観的な音質評価と主観的な音質評価で快適な音を生成

 音質エンジニアリング

製品の設計開発における傾向として、消費者に提供される設計バリエーションの数が急増しています。この傾向は、多くの開発 / 検証チームの騒音振動エンジニアに「テスト結果をより速く効率的に提供しなければならない」というプレッシャーをかけています。どの技能レベルのエンジニアも、解析と手法で同等の品質と信頼性を維持しながら、より良い結果をより速く得られるツールを必要としています。シーメンスのソリューションに組み込まれた騒音振動および音質エンジニアリング機能は、こうした要件をすべて満たすように設計されています。この機能を使用すると、音質問題のトラブルシューティング、競合に対するベンチマーク、騒音振動試験の生産性向上が可能になるだけでなく、顧客が製品の音をどのように感じるかについての知見も得られます生産性の改善、顧客の理解の向上、意思決定の加速により、優れた音の製品をより速く市場に提供できるようになります。

音質エンジニアリング

製品の設計開発における傾向として、消費者に提供される設計バリエーションの数が急増しています。この傾向は、多くの開発 / 検証チームの騒音振動エンジニアに「テスト結果をより速く効率的に提供しなければならない」というプレッシャーをかけています。どの技能レベルのエンジニアも、解析と手法で同等の品質と信頼性を維持しながら、より良い結果をより速く得られるツールを必要としています。シーメンスのソリューションに組み込まれた騒音振動および音質エンジニアリング機能は、こうした要件をすべて満たすように設計されています。この機能を使用すると、音質問題のトラブルシューティング、競合に対するベンチマーク、騒音振動試験の生産性向上が可能になるだけでなく、顧客が製品の音をどのように感じるかについての知見も得られます生産性の改善、顧客の理解の向上、意思決定の加速により、優れた音の製品をより速く市場に提供できるようになります。

Simcenter Testlab Neo

タブレット端末のTestlab Neoソフトウェア

複数領域横断型の性能エンジニアリングを可能にする次世代の試験ベースのソフトウェアです。

詳細情報

オンデマンド・ウェビナー | 33 分

音質の原理

音質の指標と評価

音質は、製品設計と開発の重要な側面の1つです。このウェビナーは、人間の聴覚が音響品質の認知にどう影響するかを説明します。

ウェビナーを視る

組み込みソフトウェアに興味がありますか?

登録して組み込みソフトウェアの最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。