本文へ移動

Occupant Safety Simulation

正確で効率的なシミュレーション技法を取り入れて安全な自動車を設計

乗員安全性シミュレーション

乗員と歩行者の安全性は、設計において非常に重要な要素です。安全性こそ自動車が製品として承認されるかどうかの決め手となります。したがって、市場に出す前にプロトタイプ車を徹底的にテストする必要があります。しかし、このテストはコストがかかり、特に問題が見つかった場合は大幅な遅延を招く可能性があります。そのため自動車メーカーは、シミュレーションを使って前もって研究・分析をすることでプロトタイプにかかる時間とコストを抑えようと務めています。

とはいえ、乗員の安全性シミュレーションは、特に長時間実行すると膨大な計算量を要します。さらに無人運転車の登場によって、新しい座席配置や座席用安全拘束装置が増えており、乗員の性別や年齢、体の大きさに関するコンプライアンスがより重要になりつつあります。その結果、必要なテストシナリオ (荷重条件) の数は増え続けています。エンジニアは精度、モデルのサイズ、計算時間のバランスを注意して保たなければならず、そのために必要なのは課題に最適な手法を選択できるソリューションです。Simcenter Madymoを使用すれば、さまざまなシミュレーション技法を利用して、データベースから実証済みの衝突ダミーと人体モデル一式を探すことができます。Simcenter Madymoは、1つのCAEソルバに多体 (MB)、有限要素 (FE)、数値流体力学 (CFD) の解析機能を独自に組み合わせています。これによってエンジニアは、用途に合わせて必要な計算をすべて実行できるようになります。

Occupant Safety Simulation

乗員と歩行者の安全性は、設計において非常に重要な要素です。安全性こそ自動車が製品として承認されるかどうかの決め手となります。したがって、市場に出す前にプロトタイプ車を徹底的にテストする必要があります。しかし、このテストはコストがかかり、特に問題が見つかった場合は大幅な遅延を招く可能性があります。そのため自動車メーカーは、シミュレーションを使って前もって研究・分析をすることでプロトタイプにかかる時間とコストを抑えようと務めています。

とはいえ、乗員の安全性シミュレーションは、特に長時間実行すると膨大な計算量を要します。さらに無人運転車の登場によって、新しい座席配置や座席用安全拘束装置が増えており、乗員の性別や年齢、体の大きさに関するコンプライアンスがより重要になりつつあります。その結果、必要なテストシナリオ (荷重条件) の数は増え続けています。エンジニアは精度、モデルのサイズ、計算時間のバランスを注意して保たなければならず、そのために必要なのは課題に最適な手法を選択できるソリューションです。Simcenter Madymoを使用すれば、さまざまなシミュレーション技法を利用して、データベースから実証済みの衝突ダミーと人体モデル一式を探すことができます。Simcenter Madymoは、1つのCAEソルバに多体 (MB)、有限要素 (FE)、数値流体力学 (CFD) の解析機能を独自に組み合わせています。これによってエンジニアは、用途に合わせて必要な計算をすべて実行できるようになります。

オンデマンド・ウェビナー | 43 分

歩行者と同乗者を守る統合型安全性システムの開発

統合型安全性アプリケーションモデルのSimcenter Madymo Active Humanのシート

仮想統合安全性シミュレーションを準備する直感的なプロセスを学ぶ

ウェビナーを見る

組み込みソフトウェアに興味がありますか?

登録して組み込みソフトウェアの最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
ご質問はありますか?