本文へ移動

Simcenter TERALED

Combined thermal, radiometric and photometric testing of LEDs

光源としてのLEDは照明の世界に大きな変化をもたらしました。しかしLEDは、マルチドメインで複雑に作用するため、熱設計、電気設計、照明設計に有用なデータを取得するには、入念な特性評価が必要になります。Simcenter T3STERの熱特性評価用ハードウェアとSimcenter TERALEDの温度制御されたテスト環境を組み合わせることで、LEDとLEDモジュールの電気、熱、放射 / 光度特性を統合して測定するプラットフォームが実現し、Simcenterの熱設計ソフトウェアで使用するマルチドメインのコンパクトモデルを生成できるようになります。

これらのLEDテストソリューションは、JEDEC規格JESD51-52に準拠し、CIE (国際照明委員会) 技術報告書127:2007および225:2017に準じています。 実質熱抵抗と光出力のパラメーターは、広範な順電流に対する実質LEDジャンクション温度の関数として測定されます。100%自動化されたことで、手作業では1日以上かかっていた処理が、わずか数時間で済むようになります。

サードパーティ製の分光放射計に対応しているため、発光スペクトルを自動で取得できます。この情報を、照明設計でLEDパッケージの光出力特性の詳細モデリングに入力します。


詳細情報:

ホワイトペーパー: 車載用LEDの熱および光度の測定試験とシミュレーション

Delphi4LED: 測定データから標準マルチドメインLEDコンパクトモデルへ

最先端のLED熱特性評価

ホワイトペーパー: T3STERおよびTERALEDを使用した高出力LEDのテスト: 車両フォグライトの事例

測定データから標準マルチドメインLEDコンパクトモデルへDelphi4LEDのアップデート

Simcenter TERALED

光源としてのLEDは照明の世界に大きな変化をもたらしました。しかしLEDは、マルチドメインで複雑に作用するため、熱設計、電気設計、照明設計に有用なデータを取得するには、入念な特性評価が必要になります。Simcenter T3STERの熱特性評価用ハードウェアとSimcenter TERALEDの温度制御されたテスト環境を組み合わせることで、LEDとLEDモジュールの電気、熱、放射 / 光度特性を統合して測定するプラットフォームが実現し、Simcenterの熱設計ソフトウェアで使用するマルチドメインのコンパクトモデルを生成できるようになります。

これらのLEDテストソリューションは、JEDEC規格JESD51-52に準拠し、CIE (国際照明委員会) 技術報告書127:2007および225:2017に準じています。 実質熱抵抗と光出力のパラメーターは、広範な順電流に対する実質LEDジャンクション温度の関数として測定されます。100%自動化されたことで、手作業では1日以上かかっていた処理が、わずか数時間で済むようになります。

サードパーティ製の分光放射計に対応しているため、発光スペクトルを自動で取得できます。この情報を、照明設計でLEDパッケージの光出力特性の詳細モデリングに入力します。


詳細情報:

ホワイトペーパー: 車載用LEDの熱および光度の測定試験とシミュレーション

Delphi4LED: 測定データから標準マルチドメインLEDコンパクトモデルへ

最先端のLED熱特性評価

ホワイトペーパー: T3STERおよびTERALEDを使用した高出力LEDのテスト: 車両フォグライトの事例

測定データから標準マルチドメインLEDコンパクトモデルへDelphi4LEDのアップデート

ご質問はありますか?