Simcenter DYNTIM

Thermal conductivity testing hardware

サーマル・インターフェース・マテリアル (TIM) は、コンポーネントとヒートシンク間など部品間の熱接触を改善するものであり、電子機器アセンブリの熱管理において非常に重要な役割を果たします。

Simcenter DYNTIMは、標準規格ASTM D5470に基づく高度なテスト手法が実装されており、定常状態ではなく、過渡状態を測定します。1µm単位の高精度なボンドライン厚み制御機能により、測定精度を最大限に向上させます。試料厚みや圧力を自動制御できるため、柔らかな素材 (グリース、ペースト、ギャップパッド、相変化材など) や特殊加工の金属素材に理想的なシステムであり、レーザーフラッシュ法などを用いた従来の熱伝導率測定装置を補完します。

スタンドアロンのシステムとして利用することも、Simcenter T3STERと組み合わせて利用することもできるSimcenter DYNTIMは、測定プロセスを完全に自動化して時間と工数を削減すると同時に、実環境に近い測定条件下で誤差5%以内の再現性を実現しています。シンプルさと堅牢性を備えたこのシステムは、短時間のトレーニングを受けるだけで操作でき、誰もが同じ結果を導くことができます。

詳細情報:

ホワイトペーパー: サーマル・インターフェース・マテリアル (TIM) の正確な特性評価法 (TIM試験)

記事: 固いサーマル・インターフェース・マテリアル (TIM) 材の評価 - インフィニオンテクノロジーズの事例

DynTIM Sを使用したサーマル・インターフェース・マテリアル (TIM) 試験 – バルク熱伝導率測定

Simcenter DYNTIM

サーマル・インターフェース・マテリアル (TIM) は、コンポーネントとヒートシンク間など部品間の熱接触を改善するものであり、電子機器アセンブリの熱管理において非常に重要な役割を果たします。

Simcenter DYNTIMは、標準規格ASTM D5470に基づく高度なテスト手法が実装されており、定常状態ではなく、過渡状態を測定します。1µm単位の高精度なボンドライン厚み制御機能により、測定精度を最大限に向上させます。試料厚みや圧力を自動制御できるため、柔らかな素材 (グリース、ペースト、ギャップパッド、相変化材など) や特殊加工の金属素材に理想的なシステムであり、レーザーフラッシュ法などを用いた従来の熱伝導率測定装置を補完します。

スタンドアロンのシステムとして利用することも、Simcenter T3STERと組み合わせて利用することもできるSimcenter DYNTIMは、測定プロセスを完全に自動化して時間と工数を削減すると同時に、実環境に近い測定条件下で誤差5%以内の再現性を実現しています。シンプルさと堅牢性を備えたこのシステムは、短時間のトレーニングを受けるだけで操作でき、誰もが同じ結果を導くことができます。

詳細情報:

ホワイトペーパー: サーマル・インターフェース・マテリアル (TIM) の正確な特性評価法 (TIM試験)

記事: 固いサーマル・インターフェース・マテリアル (TIM) 材の評価 - インフィニオンテクノロジーズの事例

DynTIM Sを使用したサーマル・インターフェース・マテリアル (TIM) 試験 – バルク熱伝導率測定