複合材のエンジニアリングおよび製造

要件仕様主導の設計および製造で複雑な複合材に対処

複合材料の利点は、厚さや繊維の角度、材料の種類、部品の形状を変えて、部品の性能を巧みに操作できるところにあります。

こうした無数の設計変数は、複合材部品に特有の複雑さを生み、部品の形状、材料特性、製造プロセスを密接に結び付けます。

これら3つの要素の最適な組み合わせを習得して初めて、複合材の潜在能力を完全に引き出すことができます。

Fibersimの柔軟な設計手法によって、解析から得た仕様を製造プロセスに効率よく渡して、最適な複合材部品を予算内で製造することができます。

複合材のエンジニアリングおよび製造

複合材料の利点は、厚さや繊維の角度、材料の種類、部品の形状を変えて、部品の性能を巧みに操作できるところにあります。

こうした無数の設計変数は、複合材部品に特有の複雑さを生み、部品の形状、材料特性、製造プロセスを密接に結び付けます。

これら3つの要素の最適な組み合わせを習得して初めて、複合材の潜在能力を完全に引き出すことができます。

Fibersimの柔軟な設計手法によって、解析から得た仕様を製造プロセスに効率よく渡して、最適な複合材部品を予算内で製造することができます。

Fibersim

組織全体で利用可能な複合材部品のデジタル・ツイン

詳細情報

組み込みソフトウェアに興味がありますか?

登録して組み込みソフトウェアの最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。