本文へ移動

Leverage product line engineering to deliver configure-to-order products

今日の企業は、製品の選択肢と多様性をより大きくしなければならないという顧客のプレッシャーに直面することが増え続けています。電子コンポーネントとソフトウェアコンポーネントは複雑になり、従来の受注構成のアプローチがますます問題となっています。現在のソリューションは、複数領域にまたがる構成をサポートすることに苦労していますが、その結果は、データの重複、エラー、および圧倒されるほどのリソースの発生です。

PLM内の製品ラインエンジニアリングを使用すると、収益性を高めながら、顧客が要求する多様性を提供できます。Teamcenter®では、1つのバリエーション定義を複数の領域とライフサイクル全体で有効にできます。製品オプションは設計データに関連付けられていませんが、独立して管理されます。これにより、構成データの共通ソースが提供され、データを機械、電気、ソフトウェアの各領域にわたって活用できます。PLM内の製品ラインエンジニアリングは、製品ライフサイクル全体をサポートしており、ロバストな製品プランニングおよびシステムモデリングの機能をすべての領域で利用できます。すべての関係者に、正確な構成情報を明確に理解させることができます。製品ラインエンジニアリングでは、市場の需要により速く対応できます。

Flexible Product Line Engineering

今日の企業は、製品の選択肢と多様性をより大きくしなければならないという顧客のプレッシャーに直面することが増え続けています。電子コンポーネントとソフトウェアコンポーネントは複雑になり、従来の受注構成のアプローチがますます問題となっています。現在のソリューションは、複数領域にまたがる構成をサポートすることに苦労していますが、その結果は、データの重複、エラー、および圧倒されるほどのリソースの発生です。

PLM内の製品ラインエンジニアリングを使用すると、収益性を高めながら、顧客が要求する多様性を提供できます。Teamcenter®では、1つのバリエーション定義を複数の領域とライフサイクル全体で有効にできます。製品オプションは設計データに関連付けられていませんが、独立して管理されます。これにより、構成データの共通ソースが提供され、データを機械、電気、ソフトウェアの各領域にわたって活用できます。PLM内の製品ラインエンジニアリングは、製品ライフサイクル全体をサポートしており、ロバストな製品プランニングおよびシステムモデリングの機能をすべての領域で利用できます。すべての関係者に、正確な構成情報を明確に理解させることができます。製品ラインエンジニアリングでは、市場の需要により速く対応できます。

Webinar Series

See the impact of PLM on product innovation

Learn how a cross-domain approach to product development can bring together the people and processes to innovate for greater profitability.

オンデマンドウェビナー | 43 分

Strategies for optimizing product innovation by managing and optimizing product variations

Learn how you can drive innovation and maximize reuse of product variations by bridging the gap between engineering and manufacturing.

ウェビナーを見る

Interested in [[global-preference-center-interest-placeholder]]?

Subscribe to [[global-preference-center-interest-placeholder]] updates

Oops

We're very sorry, but we weren't able to capture your submission. Please try again.

Thanks for signing up! First time subscribing? Be sure to check your email to confirm your subscription.