本文へ移動

Comprehensive product architecture is critical to cross-domain product development

製品アーキテクチャーは、建物のアーキテクチャーと同じように考えることができます。  建物を建てる時に、プロジェクトの開始前から一連の建築計画や青写真を作成せずに建築を開始するとは誰も考えないでしょう。ですから、製品アーキテクチャー計画を作成しない製品がうまくいかないのも不思議ではありません。製品アーキテクチャーは、製品コンポーネントの配置を決定するものです。この配置を決定しないと、まとまった製品を作るために必要な情報を得られません。つまり、製品アーキテクチャーは、あらゆる下流製品ライフサイクル分野をまとめる接着剤の役割を果たします。

Teamcenterシステムエンジニアリングは、アーキテクチャーおよびシステムモデリング機能を備え、製品アーキテクチャーデータを製品ライフサイクルと共に取得し、設計判断へ完全な可視性をもたらします。これにより、製品ライフサイクル全体の多様なドメイン(ソフトウェア、エレクトロニクス、力学など)のつながりを保つことができます。

Product Architecture and System Modeling

製品アーキテクチャーは、建物のアーキテクチャーと同じように考えることができます。  建物を建てる時に、プロジェクトの開始前から一連の建築計画や青写真を作成せずに建築を開始するとは誰も考えないでしょう。ですから、製品アーキテクチャー計画を作成しない製品がうまくいかないのも不思議ではありません。製品アーキテクチャーは、製品コンポーネントの配置を決定するものです。この配置を決定しないと、まとまった製品を作るために必要な情報を得られません。つまり、製品アーキテクチャーは、あらゆる下流製品ライフサイクル分野をまとめる接着剤の役割を果たします。

Teamcenterシステムエンジニアリングは、アーキテクチャーおよびシステムモデリング機能を備え、製品アーキテクチャーデータを製品ライフサイクルと共に取得し、設計判断へ完全な可視性をもたらします。これにより、製品ライフサイクル全体の多様なドメイン(ソフトウェア、エレクトロニクス、力学など)のつながりを保つことができます。

主なユーザー事例

Siemens Healthcare

Improved requirements engineering drives new product development for medical device maker

Siemens Healthcare uses Teamcenter to increase design re-use

詳細情報 See all Success Stories

オンデマンド・ウェビナー | 44 分

統合型MBSE: システムエンジニアリングを製品ライフサイクルに統合

統合型MBSE: システムエンジニアリングを製品ライフサイクルに統合

人、プロセス、ツールを統合することで、MBSEを製品ライフサイクルと統合する方法を学びます。

ウェビナーを見る

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。

Teamcenter integrated multi-domain system modeling

"Why"/Intro for System Modeling Workbench (SMW) describes the consequences of disconnected domain design decisions. SMW solves this problem by creating an integrated multi-domain product architecture that creates the cross-domain digital thread that allows developers to understand the impacts of their decisions early (vs when we have to do a product recall)--enabling products to start integrated, stay integrated.