本文へ移動

明日のクラウドPLMであるTeamcenter Xを試しましょう

データ分類とライブラリ管理でアセット稼働率を向上

PLMデータの分類とライブラリの管理が重要な理由は、以下のとおりです。今日提供されるほとんどの新製品と、多くの(場合によってはすべての)継続的改善プログラムには、以前の製品で使用されたことがある設計要素が非常に多く含まれます。再利用可能なこれらの要素は、一般的に、新商品の設計内容の大部分を占めます。そのため、データを素早く特定して再利用を促す機能は、製品開発プロセスに利点があります。製品の市場投入期間とイノベーションの目標を達成するうえでも重要となります。Teamcenter®ソフトウェアのデータ分類機能およびライブラリの管理機能を使用すると、作成済みの製品定義データをデジタルライブラリで管理して、そのデータを新しい製品構想や後続の改善プログラムで再利用できます。Teamcenterでは、設計者が設計要素を素早く検索して再使用できるように、階層、クラス、属性を作成して分類定義に組み込むことができます。製造エンジニアがこれらの機能を使用して、設計を最終決定する前に代替品を評価し、部品を変更することもできます。

データ分類とライブラリ管理

PLMデータの分類とライブラリの管理が重要な理由は、以下のとおりです。今日提供されるほとんどの新製品と、多くの(場合によってはすべての)継続的改善プログラムには、以前の製品で使用されたことがある設計要素が非常に多く含まれます。再利用可能なこれらの要素は、一般的に、新商品の設計内容の大部分を占めます。そのため、データを素早く特定して再利用を促す機能は、製品開発プロセスに利点があります。製品の市場投入期間とイノベーションの目標を達成するうえでも重要となります。Teamcenter®ソフトウェアのデータ分類機能およびライブラリの管理機能を使用すると、作成済みの製品定義データをデジタルライブラリで管理して、そのデータを新しい製品構想や後続の改善プログラムで再利用できます。Teamcenterでは、設計者が設計要素を素早く検索して再使用できるように、階層、クラス、属性を作成して分類定義に組み込むことができます。製造エンジニアがこれらの機能を使用して、設計を最終決定する前に代替品を評価し、部品を変更することもできます。

Teamcenter X

将来にも対応するクラウドPLM

最新の「サービスとしてのソフトウェア」(SaaS: Software-as-a-Service) クラウドPLMを使用して、イノベーションを加速し、素早いROIを達成します。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。