本文へ移動

明日のクラウドPLMであるTeamcenter Xを試しましょう

製品ライフサイクル全体にわたる2D/3Dデータのナビゲーションとモックアップ

強力な2D/3Dビジュアル機能とマークアップ機能を使用して、製品設計意図をやり取りし、より効果的に表現し、製品データを全体像としてビジュアル化します。

Teamcenterライフサイクル・ビジュアライゼーション機能を使用して、全組織のユーザーが2D/3Dデータを表示、共有することで、製品ライフサイクルを最適化し、 ITの負担を軽減します。大半の主要2D CADデータだけでなく、3D CADデータ (JT™形式) の図面であっても、測定、注釈付け、比較、マークアップに対応しています。また、製品製造情報 (PMI) を可視化、照会することもできます。

軽量のビジュアル化フォーマットであるJT形式に対応しているTeamcenterであれば、非常に複雑なアセンブリ図面であっても素早く読み込み、ナビゲーションできます。高度な注釈機能もあり、部品に3Dマークアップを追加してレビューアーに転送することで、データ変換に伴う解釈を必要とすることなく、設計のコンテキストを考慮したフィードバックが可能です。

製品ライフサイクル全体にわたる2D/3Dデータの表示とマークアップ

強力な2D/3Dビジュアル機能とマークアップ機能を使用して、製品設計意図をやり取りし、より効果的に表現し、製品データを全体像としてビジュアル化します。

Teamcenterライフサイクル・ビジュアライゼーション機能を使用して、全組織のユーザーが2D/3Dデータを表示、共有することで、製品ライフサイクルを最適化し、 ITの負担を軽減します。大半の主要2D CADデータだけでなく、3D CADデータ (JT™形式) の図面であっても、測定、注釈付け、比較、マークアップに対応しています。また、製品製造情報 (PMI) を可視化、照会することもできます。

軽量のビジュアル化フォーマットであるJT形式に対応しているTeamcenterであれば、非常に複雑なアセンブリ図面であっても素早く読み込み、ナビゲーションできます。高度な注釈機能もあり、部品に3Dマークアップを追加してレビューアーに転送することで、データ変換に伴う解釈を必要とすることなく、設計のコンテキストを考慮したフィードバックが可能です。

Teamcenter X

将来にも対応するクラウドPLM

最新の「サービスとしてのソフトウェア」(SaaS: Software-as-a-Service) クラウドPLMを使用して、イノベーションを加速し、素早いROIを達成します。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。