プラノ、テキサス、米国, 30 March 2022

Sierra Space、シーメンスのXceleratorで 宇宙探査の新時代へ

  • シーメンスのXcelerator製品ポートフォリオのソフトウェアとサービスが、Sierra Spaceの次世代デジタルエンジニアリングプラットフォーム計画の中核に
  • 世界唯一の有翼商業宇宙船であるDream Chaser®スペースプレーンの設計、エンジニアリング、建造、テストに、シーメンスのXcelerator製品ポートフォリオを活用
  • 商業用居住空間および科学プラットフォームとなるLIFE™の開発に、デジタルツインのアプローチを採用

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア (以下シーメンス) は本日、将来の低周回軌道 (LEO) での事業開発にむけた宇宙輸送/  インフラストラクチャの創造・構築をリードする商業宇宙企業、Sierra Space社が、次世代デジタル・エンジニアリング・プラットフォームの基盤として、シーメンスのXcelerator製品ポートフォリオのソフトウェアとサービスを導入したことを発表しました。同社は、エンジニアリングから製造、持続可能性に至る完全なデジタル環境の確立による将来の宇宙輸送、商業的宇宙目的地およびインフラストラクチャの開発に加え、商業宇宙での経済活動を活性化させ、その成長を促進し、さらに活用しやすいものにするための技術創出を目標としており、Xceleratorの導入はこれを支援します。

Sierra Space社のCEOであるトム・バイス (Tom Vice) 氏は次のように述べています。「Sierra Spaceは、地球上の生命にとってメリットとなる次のブレークスルー・イノベーションを引き起こすプラットフォームを宇宙空間に構築しています。弊社の新しい、革新的な宇宙プラットフォームの開発には、シーメンスと共同で構築した次世代デジタル・エンジニアリング環境が利用されています。シーメンスのソリューションによって、宇宙輸送、宇宙目的地、宇宙アプリケーションをはじめ、あらゆる側面を一つの大きなエコシステムに統合する弊社独自の宇宙プラットフォームの開発は、より一層加速されることでしょう。」

 

Sierra Space Dream Chaser (1)

Sierra Space Dream Chaser® スペースプレーン (画像クレジット: © Sierra Space)

 

シーメンスのツールは、Dream Chaserの開発基盤となります。そしてSierra Space社は、デジタル・エンタープライズを完全に実現する企業としてシーメンスとの協力関係を、今後長期にわたって継続していきます。Sierra Space社は、構造、熱、機械、電気、ソフトウェア設計、車両製造、要求検証、完全なライフサイクルメンテナンスなど、次世代Dream Chaser開発のあらゆる段階でシーメンスのXceleratorを利用します。 

スペースプレーンは、乗員と貨物を輸送するための負担の少ない1.5Gでのスムーズな再突入を行い、世界中の既存の商業滑走路にそのまま着陸できるユニークな設計です。 次世代の宇宙輸送を担うDream Chaserは、1回の飛行で最大12,000ポンドの貨物を輸送できます。NASAは、国際宇宙ステーション (ISS) への貨物輸送および帰還ミッションにDream Chaserを利用する契約を結びました。Sierra Space社は、今後シーメンスとの協力関係を長期にわたり発展させ、デジタル・エンタープライズへのトランスフォーメーションを本格化させます。

 

Sierra Space (1)

Sierra Space Dream Chaser® スペースプレーン and LIFE™ habitat (画像クレジット: © Sierra Space)

 

IDream Chaser以外にも、Sierra Space社は顧客の望む地球周回軌道上の目的地点での設計、開発、建設、運用、サポートに取り組んでいます。Blue Origin社とのパートナーシップでは、Orbital Reefプロジェクトの主要コンポーネントとなる居住環境、LIFE (Large Integrated Flexible Environment、大型で統合された柔軟性の高い環境) を開発しました。この商業用居住空間または科学プラットフォームとなるモジュール式3階建て構造は、無重力のメリットを最適活用できる機会を製造業、製薬業などの分野の企業に提供します。これは、地球低周回軌道、月面、月周回軌道への配備が可能なほか、火星への輸送機としても利用できます。LIFE Habitatの開発や、その他の宇宙目的地ミッションのあらゆる段階で、Sierra Space社はシーメンスのXceleratorを活用します。

シーメンスのプレジデント兼最高経営責任者 (CEO) であるトニー・へミルガン (Tony Hemmelgarn) は次のように述べています。「宇宙へのアクセスを民間に提供するというSierra Space社のミッションに協力できることを光栄に思います。同社との協力体制は、すでに確立されています。同社は、テクノロジー戦略の中核に世界で最も大きなデジタルツイン・テクノロジーを置きました。同社のチームと共にDream Chaser製品ラインやLIFE Habitatを成長させていくことを、とても楽しみにしています。本日の発表は、パイオニア企業が真のイノベーションを実現するためのプラットフォームとしてシーメンスのXceleratorを採用しつつあることを示す、多くの出来事の1つです。」

Sierra Space社は、2022年4月4~7日にコロラド州コロラドスプリングスで行われる第37回スペースシンポジウムで講演を行います。


シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、エンジニアリング、製造、電子設計といった技術的分野を結合し、「将来」の目標を今実現するために努力を続けるデジタル・エンタープライズを支援しています。同社のXcelerator製品ポートフォリオは、あらゆる規模の企業がデジタルツインを作成 / 活用することで、イノベーションを推進するための新しい洞察力や機会、そしてさまざまな段階における自動化を促進する支援をします。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアおよびXceleratorソフトウェア / サービス・ポートフォリオの詳細については、siemens.com/softwareをご覧いただくか、LinkedInTwitterFacebookInstagramをフォローしてご確認ください。Siemens Digital Industries Software –– Where today meets tomorrow.


Sierra Spaceについて

Sierra Space(www.sierraspace.com)は、30年以上、500以上の宇宙飛行のミッション実施の実績を持つ先進的商業宇宙企業です。新しい宇宙経済をリードし、地球上の生命にメリットをもたらすことを目指しています。Sierra Space社は、商業用居住空間または科学プラットフォームとなるモジュール式3階建て構造、LIFETM (Large Integrated Flexible Environment) Habitatの開発企業です。また、急成長するLEO市場向けに設計された世界唯一の有翼商業宇宙船、Dream Chaser®スペースプレーンの2023年初頭の打ち上げに向けて急速に前進しています。再利用が可能なDream Chaserは、乗員と貨物を輸送するための負担の少ない1.5Gでのスムーズな再突入を行い、そのまま既存の商業滑走路に着陸できるユニークな設計です。Dream ChaserスペースプレーンとLIFEプラットフォームは、Blue Origin社と共同で開発しているOrbital Reef商業宇宙ステーションおよび複合型ビジネスパークの中核コンポーネントです。

注:本文書で紹介されている製品およびテクノロジーの輸出、販売、提供には、米国政府の承認が求められます。