20 May 2010

シーメンスPLMソフトウェアのNX 7、CAD/CAM/CAEツールの生産性と製品開発の判断プロセス支援における新たな常識をつくる

【2010年5月20日 米国テキサス州PLANOおよび中国上海発】  

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、同社の統合CAD/CAM/CAEソリューションであるNX™ に新たに多くの機能が追加・拡張されたことを発表しました。

シーメンスPLMソフトウェアは、ソフトウェア全体に追加された新機能をはじめとするNX 7の最新の機能を2010年上海万博で発表しました。同時に、NXとシーメンスPLMソフトウェアのデジタル・ライフサイクル管理ソリューションであるTeamcenter® が、新しいHigh Definition Product Lifecycle Management(以下、HD-PLM)のテクノロジ・フレームワークを初めてサポートすることになったことも発表しました(HD-PLMプレスリリースを参照)。

「当社の新しいHD-PLMのテクノロジ・フレームワークは、製品開発における判断プロセスを変革し、お客様とPLM業界に絶大な価値をもたらす直感的なバーチャル環境を提供します。本日の発表は、数多くの機能が拡張されただけでなく、製品の設計、解析、部品製造のさまざまなソフトウェア・モジュール全体に新たな機能が追加された点で非常に重要です。これらの機能によって、エンド・ユーザの生産性は最大80%も向上するでしょう」と、シーメンスPLMソフトウェアの製品設計ソリューション担当バイスプレジデントのJoan Hirschは述べています。

製品開発における精度の高い(High Definition)判断プロセス

シーメンスPLMソフトウェアは、昨年発表したHD3D環境を今回の最新リリースで機能拡張し、HD-PLMのテクノロジをすべてのエンタープライズ向けソリューションに実装するビジョンの実現に動き始めました。HD3Dは、グローバルに分散した製品開発環境におけるユーザ間の理解、コラボレーション、判断を下す上で必要な情報を直感的なビジュアルで提供するHD-PLMのテクノロジ・フレームワークの下でNXとTeamcenterのパワーをひとつに結び付けます。

HD3DはHD-PLMの4つの基本機能上に構築されています。ユーザが担当する業務に必要なデジタル情報にアクセスすると、ユーザの見たい形式で表現できる製品開発判断プロセス支援・解析機能、コラボレーティブな判断プロセスを支援してユーザの作業を積極的に支援する機能、情報を直感的な方法でユーザに提示してユーザの理解を明確化する機能、そして、確立されたベスト・プラクティスに照らしてユーザの判断プロセスを検証する機能です。属性データのリストをナビゲートし、それを3Dの製品モデルに手動で関連付けるのではなく、HD3Dはインタラクティブなナビゲーション機能を使用してPLMデータをビジュアルに理解できるようにし、必要に応じてさらに詳細なデータへとドリルダウンできます。ユーザは製品を3Dで表示することにより、適切な情報へのアクセスが容易となり、プロジェクトのステータス、設計変更、チームの責務、課題、問題、コスト、サプライヤなどのさまざまな属性に関する質問にもすぐに回答できるようになります。さらに、色分け、画面上でのタグ付け、凡例などの機能があり、製品開発における問題や判断プロセスの基準をビジュアルで迅速に評価・理解できるようにします。

HD3DはNXの各種検証/チェック・ツールと連動し、ビジュアルによる直接的なインタラクションを通じて、製品設計の要件検証に要する時間を短縮します。検証結果は豊富なビジュアルでフィードバックされるため、ユーザは開発プロセスを通じて重要な機能要件をモニターしながら、製品品質を維持・向上させるための判断プロセスを迅速にかつ確実に行えるようになります。

「シーメンスPLMソフトウェアは、今回のリリースにより自社の広範な製品ラインにおけるHD3DとHD-PLMの統合に向けて、大きな舵取りを始めました。NXとTeamcenterを使用して、データベースに埋もれがちなデータを適切な形態でグラフィカルに可視化することによって、製品開発のさまざまな課題や問題になりそうなボトルネックを迅速に評価できるようになります。これはすなわち、製品開発プロセスに関与する各ユーザが適正な情報に基づき、自信を持って実に効率的に判断できるようになるということです。その結果、生産性を最大限に引き出すことになります」と、DEVELOP3D誌の共同創業者であり、編集長のAl Dean氏は述べています。

製品設計の生産性の常識を変える

NX 7には、HD-PLMがサポートされたことだけでなく、製品開発の生産性の常識を変える数多くの新機能と拡張機能が搭載されています。たとえば、CADアプリケーションとの密接な統合における拡張機能には、スケッチの効率的な作成、フリーフォーム・モデリングの手法を変革するシンクロナス・テクノロジの強化、2Dの設計と製図機能を大幅に強化した新しいDraftingPlusツールの搭載など、各種の高速設計機能があります。

  • 2Dプロファイルの作成と位置合わせを簡単に実行し、拘束とモデリングの意図を自動的に推測する新しい高速設計ツールが搭載されています。その結果、モデルをゼロから作成するために要する時間を最大50%短縮することができます。
  • 画期的なシンクロナス・テクノロジとNXのフリーフォーム・モデリングとの統合により、インポートしたモデルも含めてすべてのジオメトリを簡単に操作することができるようになり、高度な形状作成プロセスのあり方を大きく塗り替えます。ユーザは簡単なプリズムや解析ジオメトリを使って設計を開始し、次に高度な形状作成ツールを使って複雑で有機的なモデルを非常に短時間で作成できるようになります。
  • シンクロナス・テクノロジにはその他にも、フィーチャ・パターン、アセンブリ、薄肉ジオメトリ、ブレンド、面取り、ジオメトリの効率的な再利用などの多くの機能が追加されています。
  • NXのDraftingPlusは、NXの2D機能と3Dモデルとの統合をさらに強化する新しい設計ツール・セットです。ロール・ベースのインターフェースにより、2D設計に必要な適切な作業環境がユーザに用意されるほか、曲線のパワフルな作成・編集ツールなどのロバスト性の高い機能や、2D曲線から3Dジオメトリを作成する機能などを使用することによって、操作手順が短縮され、製品の設計プロセスを効率化することができます。NX DraftingPlusは、2Dと3Dの設計ワークフローを単一のシステム上で完全統合するため、2D CADシステムを別に使用する必要がなくなります。

製品の解析とシミュレーションの生産性の常識を変える

設計と解析の両プロセスを統合するNX環境は、設計の進展に伴って実施される製品のパフォーマンス検証に要する時間を大幅に短縮することが既に実証されていますが、NXの最新リリースでは、CAEに対してかつてないほど多くの機能が強化されています。製品設計との統合をさらに強化し、デジタル・シミュレーション・モデルと実測のテスト・データとを関連付ける新しいツールを提供するこれらの機能は、連成解析ソリューションにおけるNX CAEのリーダーの地位を一層強固にし、CAEの生産性の常識を一新するものです。その結果、エンジニアはより短時間でより適切な判断を下せるようになり、高品質な製品の開発を推進することができます。

  • NX 7は、複雑なジオメトリの処理、薄肉部品のメッシュ作成、ビームとボルトのモデリングなどを支援する新しいモデル作成ワークフローを提供し、設計プロセスとの統合強化とCAEの大幅な生産性向上を実現します。さらに、積層複合材の解析ワークフローを大幅に改善し、設計と解析との双方向のデータ・フローを効率化する数多くの機能拡張が行われています。また、アセンブリの有限要素モデリングを直感的に行えるようにすることで、大規模で複雑なモデルの操作を容易にし、設計の忠実性の向上に伴いモデルをシステム・レベルで更新できるようにします。
  • NX CAEでは、これまでになく広範なソルバー技術との統合が強化されています。構造解析や熱解析、流体解析はもちろんのこと、弾性体の耐久性解析や運動解析など、新しい統合連成解析ソリューションが追加されています。機械機構における部品の弾性解析は、それがジオメトリに影響を及ぼして重大な設計問題に発展しかねないため、重要な解析となります。NX 7なら、機械機構の性能と耐久性に及ぼす部品の弾性の影響評価に、弾性変形と剛体運動を組み合わせた高忠実度のモデルを使って設計を検証することができます。
  • NX 7に2つの新しいCAE製品が導入されました。NX Finite Element (FE) Model CorrelationとNX FE Model Updatingです。これらの新製品は、CAE解析者のニーズに合わせてカスタマイズできる直感的なユーザ・インターフェースを持った解析指向のシステムで、モデルの解析、予備テストのプランニング、テストと解析の関連付け、モデルの更新を実行できる完全統合システムを提供します。

「解析の結果、設計変更が必要になったときは、シンクロナス・テクノロジを使って簡単に設計を変更することができます。メッシュの再作成も実に簡単なため、設計サイクルが大幅に短縮しています」と、Damen Shipyards社研究部門のプロジェクト・エンジニアであるJerry Baffa氏は述べています。

部品製造の生産性の常識を変える

CAMとCMM(3次元測定機)の機能が統合したNXは、世界で最も高度な部品製造のためのソフトウェア・ソリューションです。NX 7では、特定のプログラミング・タスクを実行する作業環境にユーザをガイドして、ターボ機械の複雑な部品をプログラミングする時間を大幅に短縮する新しいアプリケーションと、CMMのオフライン・プログラミングの効率性を最大化する新しいアプリケーションを実装し、部品製品の生産性の常識を変えます。

  • NX Turbomachinery Millingは、5軸マルチ・ブレードの複雑な回転部品のNC(数値制御)プログラミング時間を短縮します。ブリスク(ブレードディスク)やインペラーの加工に適したこの統合NX CAMアプリケーションは、作業環境固有の自動化機能を提供し、これらの複雑な部品加工の最適ツールパスを作成するタスクを大幅に簡素化します。この新しいアプリケーションは、ポスト・プロセッサの出力から直接実行できるマシニング・シミュレーションなどの数多くの既存のNX CAM機能でサポートされており、NXプログラミングにおける判断プロセスを支援します。NX Turbomachinery Millingは、一般的なミリング加工用ソフトウェアの半分の時間で高品質なプログラミングを可能にします。
  • NX CMM Inspection Programmingは、CMMと部品を含む3Dソリッド・モデルの作業環境内で機能します。3Dの設計モデルに付加されたPMI(製品製造情報)データから自動化機能により、検査機能とプローブの計測パスが直接作成されるため、検査のプログラミング時間を最大80%短縮することができます。この統合アプリケーションには、CMMプログラミングの決定を検証するシミュレーション機能と衝突回避機能や、CMMプログラミングの効率性を大幅に向上させる3次元測定機とプローブのライブラリ・コンテンツが実装されています。

「NX Turbomachinery Millingは、ブリスクとインペラーのプログラミングに特化したアプリケーションであり、NCプログラマの生産性を大幅に向上させると共に、高度に自動化されたNX CMMの機能により検査プログラミングがPLMプロセスにとって欠かせない重要な要素となっています。NXの最新リリースは、シーメンスPLMソフトウェアが目指す部品製造の生産性を新たなレベルに押し上げました」と、CAD/CAMの著名なコンサルタントでありライターのCharles Clarke博士は述べています。

シーメンスPLMソフトウェアは本日、2010年上海万博でNX 7の概要を発表し、また、米テキサス州ダラスで来月開催されるSiemens PLM Connection Americas User Conferenceにおいてもその概要を発表します。NX 7の詳細については、 www.plm.automation.siemens.com/ja_jp/products/nx/nx7/index.shtml をご覧ください。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界6万3,000社のお客さまにサービスを提供し、約670万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は www.siemens.com/plm にてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、工業用制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で約39,000人の従業員を擁し(2009年9月30日現在)、2009年度の総売上高は70億ユーロを達成しています。詳細は www.siemens.com/industryautomation をご覧ください。


注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。NXとTeamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

【お客様からのお問い合わせ先】
シーメンスPLMソフトウェア お問い合わせ窓口
Tel:0066-3386-1032
E-Mail:jp_marcom.plm@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/plm
Twitter:http://twitter.com/SiemensPLM_JP

 

ご質問はありますか?