11 August 2009

シーメンスPLMソフトウェア、米アリゾナ州立大学にソフトウェアを提供し、同大工学部学生の有利な就職を支援

【2009年8月11日 米国アリゾナ州テンペ発】 

米アリゾナ州立大学は、本日発表された同大工学部へのシーメンスPLMソフトウェアからのソフトウェア提供を受けて、エンジニアリング教育をさらに充実させ、有利な就職へとつながる高度なトレーニング・カリキュラムを提供していきます。

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。

今回のソフトウェア提供は、同大始まって以来最大規模となる約2億4,500万ドル相当におよびます。

このソフトウェア提供は、シーメンスPLMソフトウェアのGO PLM™(Global Opportunities in Product Lifecycle Management)プログラムを通して行われ、エンジニアリング・ソフトウェアをはじめ、学生や教職員へのトレーニング、特別なソフトウェア認定プログラムの提供などが含まれています。

在学中に業界屈指の設計ソフトウェアを使用してトレーニングを受けた学生は、採用する企業側にとって非常に魅力的な人材となります。

「今後、ますます複雑化するグローバル社会のさまざまな課題に対してあらかじめ準備しておくためには、PLMソフトウェアのような高度なツールが欠かせません。学生たちはこれらのツールを活用することによって、既成の枠を飛び越えたシステムの設計・解析能力を身に付けていくことでしょう」と、アリゾナ州立大学工学部部長のDeirdre Meldrum氏は述べています。

「シーメンスPLMソフトウェアからの今回のソフトウェア提供は、イノベーションをおこす先進的なエンジニアリング教育と研究を推進していくという当校のビジョンに沿うものであり、学生のクオリティ・オブ・ライフを向上させます」と付け加えています。

「先進的な製造企業や技術志向の企業は現在、製品の市場投入期間の短縮や製品コストの削減、品質の向上、イノベーションの創出で凌ぎを削っています。アリゾナ州立大学のカリキュラムのようなトップクラスの教育を受けている学生にとって、こうした社会の課題を解決するテクノロジに触れる機会が求められています」と、シーメンスPLMソフトウェアのグローバル・マーケティング担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのDave Shirkは述べています。

今回のアリゾナ州立大学のように、シーメンスPLMソフトウェアがアカデミック・パートナーシップやソフトウェア提供を行っている主要大学は、他にマサチューセッツ工科大学(MIT)、カリフォルニア大学バークレー校、ミシガン州立大学、ブリガハムヤング大学、ラトガース大学、バージニア工科大学、カーネギーメロン大学、パデュー大学などがあります。

シーメンスPLMソフトウェアのテクノロジを活用したトレーニングは「アリゾナ州立大学工学部の卒業生の労働市場価値を高め、雇用の門戸を広げるものです。多くの企業がそのテクノロジの卓越性からこのソフトウェアを使用しています。このイノベーティブなテクノロジを実際に利用できることは、私たちの就職に有利になるでしょう」と、工学設計を研究し、アリゾナ州立大学設計オートメーション・ラボに勤める同校大学院生のAdam Dixon氏は述べています。

アリゾナ州立大学工学部教授で設計オートメーション・ラボの室長を務めるJami Shah教授は、「シーメンスPLMソフトウェアには極めて寛大なアカデミック・ライセンス・プログラムがあります。これはまさに、産業界も高等教育に貢献すべきとする重要な責任をシーメンスPLMソフトウェアが自ら果たそうとするものです。当校の機械学科や航空宇宙学科の卒業生は大手のエンジニアリング企業に就職していますが、どの企業もこうしたハイエンドのCAD/FEAパッケージ・ソフトウェアを使用しています。だからこそ、シーメンスPLMソフトウェアのNX™ソフトウェアのようなツールを使用して学生を指導することが何よりも重要なのです。当校では、約25年間にわたってシーメンスPLMソフトウェアの最新ソフトウェア製品を使用しています」と述べています。

シーメンスPLMソフトウェアのアカデミック・ライセンス・プログラムを通じ、同校学生は、NX、I-deas™、Nastran®などのエンジニアリング解析パッケージを使用して、応力シミュレーション、故障シミュレーション、振動解析、動力学解析、熱解析などを行っています。

「これらのソフトウェアはすべての事象を明瞭に解いてくれるため、非常に優れた教育ツールになっています。設計やエンジニアリング解析の結果がどのように計算されたかが明確に提示されます。しかも、これらのソフトウェア・パッケージの機能を確認・管理することができます」と、Jami Shah氏は述べています。

機械工学と航空宇宙工学を学び、CADプログラムを使用して3Dモデルと回路図を作成している4年生のTroy Howe氏は、「CADプログラムは私のスキルアップに欠かせない存在になっています。授業でのトレーニングを通して、研究課題を迅速かつ正確に終えられる自信と力をつけることができました。その結果、研究の質を高く評価されました。新しいPLMソフトウェアを使ったCAE上級クラスが次の学期から始まるのを楽しみにしています」と述べています。

GO PLM プログラムについて

シーメンスPLMソフトウェアの GO PLM™ イニシアチブは、ソフトウェア供与の総額で業界トップを誇ります。GO PLMイニシアチブには、アカデミック・パートナーシップや地域における生産性向上、青少年育成および失業者助成、PACE(Partners for the Advancement of Collaborative Engineering Education)プログラムに焦点を置いた4種類のコミュニティ関連プログラムがあり、これらは補完し合う関係にあります。GO PLMは、世界中で10,200ヵ所に上る教育機関で毎年約100万人を超える学生にPLM技術を提供しています。中学校から大学院工学研究課程まで、あらゆるレベルで利用できる形態で学校へソフトウェア供与を行っています。GO PLMプログラムやサポート対象となるパートナー、プログラムの詳細は、こちらをご覧ください。

アリゾナ州立大学について

アリゾナ州立大学 アリゾナ州立大学は、教育の質の高さ、起業家精神の醸成、そして門戸の広さにおいて他に類を見ない新しい高等教育モデルを構築しています。“New American University”を推進し、4つのキャンパスがある各地域の経済、社会、文化、環境衛生に貢献しています。これまで隔てられていた各学術分野の垣根をなくし、実社会へ応用しうる研究を旨としています。全米で5番目に大きい都市、フェニックスに所在し、67,000人を超える学生が在学しています。学術的多様性、文化的多様性で群を抜き、全米50州はもとより、世界100ヵ国以上から学生を受け入れています。アリゾナ州立大学は、4つのキャンパスに6万人を超える学部生、大学院生、専門学生を抱える公立の総合都市研究大学です。ユニークなカレッジ、スクール、学部、研究機関を擁し、それぞれが密接に連携しながら、その活動範囲は世界にもおよぶ数多くのアカデミック・コミュニティを形成しています。学術的多様性、文化的多様性で群を抜き、全米50州はもとより、世界100ヵ国以上から学生を受け入れています。

アリゾナ州立大学工学部(Ira A. Fulton School of Engineering)について

アリゾナ州立大学工学部 は、4,000人を超える学部生と2,000人を超える大学院生を擁し、イノベーションを創出して社会に貢献できるキャリア形成のための技能と知識を提供しています。同学部は、US News & World Report誌が評価する全米工学部番付でトップ50内にランクインされており、人、社会、環境の利を追及した分野横断的な環境下で、実社会へ応用しうる研究を推進しています。電気、工業、化学、機械、航空宇宙、都市、環境、素材、エネルギー工学、生物工学、コンピュータ・サイエンス、バイオ・インフォマティクスの分野で、総勢200人を超える教職員が教育・研究に従事しています。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界5万6,000社のお客さまにサービスを提供し、約600万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は www.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部 (ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で約42,900人の従業員を擁し、2008年度の総売上高は87億ユーロ(予備的数値で未監査)を達成しています。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。NX、I-deas、およびGO PLMは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。NASTRANは、National Aeronautics and Space Administrationの登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

【お客様からのお問い合わせ先】
シーメンスPLMソフトウェア お問い合わせ窓口
Tel:0066-3386-1032
E-Mail:jp_marcom.plm@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/plm