本文へ移動

03 August 2009

Analist Group、自社の最新ポータブルAECアプリケーションにシーメンスPLMソフトウェアのD-Cubed 2D DCMを実装

【2009年8月3日 米国テキサス州PLANO発】  

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェア と、建設業界向けソフトウェアの設計および実装を専門とするAnalist Groupは本日、シーメンスPLMソフトウェアのD-Cubed™ 2D Dimensional Constraint Manager (2D DCM) を実装した、デジタルAEC(Architecture, Engineering and Construction)モデルの迅速な作成を可能にするAnalist Groupのソフトウェア・アプリケーション、3DRoomをリリースしたことを発表しました。

レーザー距離計を使って建物を測量するハンドヘルド・コンピュータ用AECソフトウェアの3DRoomに実装された2D DCMは、間取り図、室内の各エレメント間の関係、室内動線の正確な計算をサポートします。これらのデータはハンドヘルドからデスクトップ・バージョンの3DRoomに転送され、Analist GroupのArchiPlan3D製品や他のアプリケーションと連携し、建物の設計図、3Dモデルのレンダリング、BOM、立面図、断面図などを作成することができます。

「入念で詳細な評価を行った結果、当社が選定したのはD-Cubed 2D DCMでした。決め手は、その卓越した機能、当社の顧客に高い価値を提供できること、そして、サプライヤであるシーメンスPLMソフトウェアと長期にわたって築きあげてきた信頼関係です。また、当社の開発チームは設計環境への統合の容易さに非常に満足しています。2D DCMを導入してわずか数週間で3DRoomの販売にこぎつくことができました」と、Analist GroupのCEOであるAntonio Iannuzzi氏は述べています。

現在、D-Cubedソフトウェア・コンポーネントを実装した AEC/工場/構造設計アプリケーション の数が増えていますが、2D DCMを実装した3DRoomはその最新の実装例です。DCMをベースにした幾何拘束ソルバー機能は、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)、ヒストリ型モデリング、ダイレクト・モデリングなど、機械や建築に使用されている各種設計アプリケーションの数多くの最新バージョンの基盤となっています。

“「2D DCMがAnalist Groupに採用されたことで、主要なAECアプリケーションに加え、3DRoomのような専門性の高い建築用CADアプリケーションにも対応するPLM Components ソリューションの重要性が一層高まりました。測量業界向けの建築用ポータブルCADアプリケーションに2D DCMを初めて採用したパイオニアであるAnalist Groupと、今後も協調していくことを期待しています」と、シーメンスPLMソフトウェアの製品設計ソリューション担当バイスプレジデントであるJoan Hirschは述べています。

Analist Groupについて

Analist Groupは、土地測量/地形、ファシリティ・マネージメント、環境/エネルギー、建築設計などの幅広い分野にわたって建設業界に各種ソフトウェアとサービスを提供しています。イタリア・メルコグリアーノに本社を置き、高度な技術と使い易さを兼ね備えた各種アプリケーションを10年以上にわたって提供しています。同社の詳細については、www.analistgroup.it をご覧ください。

PLM ComponentsのParasolidとD-Cubedについて

PLM Componentsは、CAD、CAM、CAE、PLMの各アプリケーション・ソフトウェアの相互運用性を促進してイノベーションの創出をサポートする各種のソフトウェア・コンポーネントから構成されています。シーメンスPLMソフトウェアはこれらのソフトウェア・コンポーネントを開発して自社のアプリケーションに組み込んでいる他、独立系のソフトウェア・ベンダーやエンド・ユーザにライセンス販売しています。PLM Componentsに含まれているParasolid® とD-Cubedは、3D部品とアセンブリのモデリング、編集、相互運用性、2D/3Dパラメトリック・スケッチング、モーション・シミュレーション、衝突検出、クリアランス測定、ビジュアライゼーションなどの機能を提供し、機械CAD、CAM、CAE、金型設計、板金、AEC(Architecture, Engineering, and Construction)、GIS(Geographical Information System)、構造設計、工場設計、船舶設計、CMM(Capability Maturity Model)、リバース・エンジニアリング、製品構成などに使用されています。詳細については、http://www.plm.automation.siemens.com/ja_jp/products/open/index.shtmlをご覧ください。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界5万6,000社のお客さまにサービスを提供し、590万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で約42,900人の従業員を擁し、2008年度の総売上高は87億ユーロ(予備的数値で未監査)を達成しています。


注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。ParasolidおよびD-Cubedは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

【お客様からのお問い合わせ先】
シーメンスPLMソフトウェア お問い合わせ窓口
Tel:0066-3386-1032
E-Mail:jp_marcom.plm@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/plm