28 January 2004

UGS PLM Solutions、デジタル製造プロセスにおけるテクノマティックスとの提携を強化

2004年1月28日、イスラエルHERZLIA、及び米国テキサス州PLANO発

EDSの製品ライフサイクル管理(PLM)ビジネス分野における子会社の米国UGS PLM Solutionsは、テクノマティックス・テクノロジーズ(Tecnomatix Technologies Ltd、 NASDAQ:TCNO)の製造/物流向けビジュアライゼーション・ツールであるeM-PlantとUGS PLM Solutionsの3次元工場レイアウト・ソフトウェア・ソリューションであるFactory CADとのインターオペラビリティを大幅に向上させたことを発表いたしました。

eM-PlantとFactory CADとの相互互換によって、クラス最高の物流解析機能と3次元工場レイアウト機能が統合され、製造企業の方に工場設計の単一ソリューションを提供し、生産性を最大限に高めます。また、「what-if」シミュレーション解析によって物流を最適化すると同時に、工場の3次元レイアウトの可視化が可能となります。

「UGS PLM Solutionsはテクノマティックスとの戦略的提携によって、デジタル製造市場を変革させるソリューションを継続的に提供しています。」と、UGS PLM Solutionsのビジネス・ストラテジ/マーケティング担当バイスプレジデントであるRobert Niermanは述べております。「今回の提携によってクラス最高製品を統合させ、包括的な単一ソリューションのメリットを提供することができるようになりました。この戦略提携と業界において最も優れたソリューションのインターオペラビリティのご提供により、顧客の皆様にも確実にメリットを提供することができます。また今回の提携は効果的なコスト削減や計画立案プロセスの大幅な期間短縮の実現にもつながります。」

「UGS PLM Solutionsとテクノマティックスによる今回のコラボレーションの成果として、Factory CADユーザの方はファクトリ・モジュールにて広範囲にわたるシミュレーションや解析が行え、テクノマティックスのeM-Plantユーザの方はより詳細な工場レイアウトが可能になります。UGS PLM Solutionsとテクノマティックスの提携によって、製造企業における設計期間の短縮や品質向上を支援いたします。」と、テクノマティックスの責任者兼CEOであるHarel Beit-On氏は述べています。

今回の統合ソリューションは、3次元工場設計とシミュレーション間におけるデータ交換の標準であるSDXを基盤としています。今回のコラボレーティブなアプローチによって、製造企業の方が3次元レイアウト・データから自動でシミュレーション・モデルを作成し、製造システムの可視化、評価、最適化することが可能になります。また、設計プロセス全般のレイアウトや実現可能性、性能を検証することにより、工場の設計期間の短縮や、それに関連した再設計のコスト削減を可能にします。

「Factory CADとeM-Plantの統合によって、レイアウトや性能評価を同時に行うことが可能になり、製造に関わる組織のコラボレーションを高めることができます。」と、UGS PLM Solutions製品担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのChuck Grindstaffは述べております。「このような重要な機能と弊社の技術が統合されたことにより、工場レイアウトの最適化の際に多く発生する設計の繰り返し作業を大幅に削減することが可能です。多種多様な新製品を計画どおりに発表することが成功を左右する現在の状況では、工場設計や社内の組織、サプライ・チェーンの統合が必須となるのです。」

UGS PLM Solutionsについて

UGS PLM Solutionsは41,000社の顧客数と販売ライセンス数260万本以上を誇る、製品データ管理やコラボレーション・ソフトウェア、製品設計ソフトウェア、その関連サービスにおけるリーディング・カンパニーです。また同社は、EDSの製品ライフサイクル管理(PLM)ビジネス分野における子会社です。同社は顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。Structural Dynamics Research Corporation社(SDRC)やEngineering Animation社(EAI)、UGS社との統合により、UGS PLM Solutionsは最終的にPLM業界を支えることになる、数々の強力な製品設計技術を開発し、同社は30年間にわたりPLM業界においてパイオニアであり続けています。UGS PLM Solutionsの製品やサービスに関する詳細は www.ugsplmsolutions.com/index.html又は www.eds.comでご覧いただけます。

テクノマティックス・テクノロジーズについて

テクノマティックス・テクノロジーズは製造プロセス管理(MPM)の推進に注力する企業です。今日のグローバルな大手製造企業はMPMを導入し、市場投入の迅速化や量産までの期間短縮、生産工程の最適化によって、収益拡大やコスト削減を図っています。eMPowerは、関連企業間でのコラボレーション環境下で生産工程の設計/シミュレーション/管理/実行を実現させるオープン・プラットフォームおよびアプリケーションを提供することで、顧客の皆様の競争力を強化させます。eMPower 製品やMPMソリューションに関する詳細はこちらでご覧いただけます。

本プレスリリースには、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)に定める将来的な予測が含まれます。将来的な予測とは同社の計画、目標、予想された収益、業績を含み、実際の結果と大きく異なる不確定要素および危険性を伴っています。不確定要素および危険性とは 通貨変動、世界経済情勢や政治情勢、テクノマティックス製品やサービスに対する需要、長期的販売周期、新製品開発、合併、顧客やパートナとの関係維持、競争の激化などですが、これだけに限定されるものではありません。これらおよびその他のリスクについては、米国証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)に提出した同社の定期報告を参照ください。テクノマティックスは新しい情報や状況の変化が生じた場合でも、将来的な予測の内容を更新または変更する義務を負いません。

本プレスリリースにおける契約金額や史実に基づく記述以外は、米国連邦保安法に基づき将来を予見した記述です。これらの記述は、EDSの意図した内容とは著しく異なる結果を引き起こす多大な危険性と不確実性を伴っております。これらの危険性や不確実性に関しては、EDSの最新Form10-Qをご覧ください。EDSは新しい情報、今後のできごとまたはそれ以外の結果としてであるかを問わず、将来を予見した発言を更新または修正する意図及び義務を否認します。