本文へ移動

07 January 2009

Cobra Automotive Technologies社、製品の設計・開発プロセスを強化するためにシーメンスPLMソフトウェアのTeamcenterを採用

【2009年1月7日 米国テキサス州PLANOおよびイタリア・ミラノ発】

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、Cobra Automotive Technologies社(以下、Cobra社)が製品の設計・開発プロセスを強化するために、シーメンスPLMソフトウェアのデジタル・ライフサイクル管理ソリューションであるTeamcenter®を採用することになったと発表しました。

イタリア・バレーゼを本拠地として世界中に事業展開しているCobra社は、Teamcenterを100ライセンス以上導入して、製品とプロセスのデータ管理を改善し、製品の市場投入までの期間の短縮、開発コストの削減、各種ソフトウェアの総所有コストの削減を図っていきます。

「PLMは単なるツールではなく、企業全体に大きな影響を与えるテクノロジです。PLMによって、製品開発期間の短縮、業務の継続的な改善、コンプライアンスの強化などを目指した当社の標準化への取り組みが強化されるものと期待しています」と、Cobra Automotive Technologies社のテクニカル・オペレーション担当ディレクタであるGraziano Mangiarotti氏は述べています。

Cobra社がPLMソリューションの選定を始めたのは、世界市場の拡大戦略によるものです。この戦略に従って、Cobra社では、製品開発プロセスとエンジニアリング・プロセスのサポート、製品情報への安全かつ迅速なアクセス、データと関連するマルチ・フォーマットのドキュメントを連携させた製品化プロセス、さらにアーカイブ・データと各種アプリケーションを統合してより柔軟な管理を可能にする、そんな情報システムの導入が必要となったのです。

「Teamcenterを全社共通のPLMユーザ・インターフェースとすることによって、製品開発プロセスを通してすべての製品データにアクセスし、データを最新に維持管理できるようになります。さらに、製品ライブラリを管理できる効果的な分類テンプレートも利用でき、将来の新しい要件にも柔軟に対応できるようになります」と、Graziano Mangiarotti氏は説明しています。

「Cobra社のようなイノベーション志向の企業がPLMのニーズに当社のTeamcenterを選択してくれたことを大変光栄に思います。Teamcenterは全社規模で一貫した統合ソリューションを提供し、将来の事業成長にも対応できるため、Cobra社の将来にわたる目標達成を強力に支援することでしょう」と、シーメンスPLMソフトウェアのイタリア現地法人のバイスプレジデント兼マネージング・ディレクタであるFranco Megaliは述べています。

Cobra Automotive Technologies社について

Cobra Automotive Technologies社はイタリアを本拠地として自動車業界に向けたセキュリティ・ソリューションの国際的な大手企業であり、盗難、強奪、詐欺行為、低速運転時の衝突など、自動車にまつわるリスクを予防管理する位置情報サービスと電子システムの統合ソリューションを提供しています。1975年に創業し、今やヨーロッパとアジアの主要な自動車メーカーとオートバイ・メーカーのパートナーとなって、OEM供給のための各種ソリューションを開発しています。イタリア、ドイツ、フランス、スペイン、スイス、イギリス、日本、中国に現地法人を配し、ヨーロッパとアジアに約40のパートナー企業を抱えます。Cobra Automotive Technologies社の詳細については、www.cobra-at.comをご覧ください。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界5万6,000社のお客さまにサービスを提供し、590万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアをヒット製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で約42,900人の従業員を擁し、2008年度の総売上高は87億ユーロ(予備的数値で未監査)を達成しています。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。Teamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

【お客様からのお問い合わせ先】
シーメンスPLMソフトウェア お問い合わせ窓口
Tel:0066-3386-1032
E-Mail:jp_marcom.plm@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/plm

ご質問はありますか?