本文へ移動

12 February 2004

UGS PLM Solutions、ヤングズタウン州立大学にSolid Edge®を寄贈し、学生の就業機会を拡大

2004年2月12日、米国テキサス州PLANO、及びオハイオ州YOUNGSTOWN発

EDSの製品ライフサイクル管理(PLM)ビジネス分野における子会社の米国UGS PLM Solutionsは、ヤングズタウン州立大学(YSU)のRayen College of Engineering and Technology校に、Solid Edge機械設計ソフトウェアを寄贈することを発表いたしました。今回の寄贈額は100万米ドルに相当します。

同大学では工学部における全ての学生用のコンピュータ室と、工学部の教職員のコンピュータにSolid Edge®をインストールしています。また、今回の寄贈により同大学の学生はSolid Edgeを無料で入手、使用することができるようになりました。これによって学生はコンピュータ室だけでなく自宅でも自由に学習することが可能となります。

「実際に企業で利用されている最新のソフトウェアを使用することによって、学生が経験を積むための素晴らしい機会を提供していただきました。」と、YSUの機械工業エンジニアリングの教授であるDan Suchora博士は述べています。「このソフトウェアは学生が就職を希望している地元の多数の企業や国際的な企業で利用されています。またオハイオ州立大学やクリーブランド州立大学を含む、多くの工学系大学でも利用されており、世界的に認められた優秀なソフトウェアと言えるでしょう。」

「UGS PLM Solutionsとしても、ヤングズタウン州立大学へソフトウェアを寄贈させていただいたことを光栄に思っております。」と、米国UGS PLM Solutions、チャンネル販売担当バイスプレジデントであるStephen Brownは述べております。「今日の大手製造/技術系企業は市場投入期間や製品コスト、品質、革新性において競い合っています。これらの課題を解決することが可能な技術を利用することによって、学生の皆さんは経験を積むことができます。YSUの素晴らしい工学プログラムを支援することによって、学生の皆さんと製造業界の両者に貢献していきたいと考えております。」

今回のソフトウェア寄贈はUGS PLM Solutionsのグローバル・ストラテジック・パートナー・プログラムを通じて行われました。同プログラムのパートナー大学は7,250校を誇っており、マサチューセッツ工科大学やスタンフォード大学、ミシガン大学、カリフォルニア工科大学、イリノイ大学、パデュー大学、テキサス農工大学などが含まれています。同プログラムは、大学の技術向上や、エンジニアリング/製造/技術分野における一流学生の育成を目的としています。中学校から大学院の技術研究プログラムに至るさまざまな段階において、本プログラムを通じて訓練を受けている学生数は年間76万1000人以上に上ります。

今回のソリューション

高性能な3次元CADソフトウェアであるUGS PLM SolutionsのSolid Edgeによって、製造企業はInsightを利用した設計、市場投入までの期間短縮、品質向上、低コストを実現することが可能です。CADシステムに設計管理機能を直接組み込んだSolid Edge Insight 技術により、設計意図を組織全体で共有させ、連携を高めることができます。Solid Edgeの卓越した基本モデリングやプロセス・ワークフローとともに、このInsightによって設計変更(ECO)やそれに関連する作業のやり直しを50パーセント以上削減することができます。Amana、Philips Broadcasting Systems、Pella Windows、アルコアや日本電気エンジニアリング、ボルボ、イエール大学を含む何千もの企業や大学の設計者によってSolid Edgeコミュニティは構成されています。また、Solid Edge ボイジャ・プログラムには200種の統合されたエンジニアリング・ソフトウェアや、コンピュータ・ハードウェア・ソリューションが含まれています。

ヤングズタウン州立大学について

YSUはオハイオ州ヤングズタウンに140エーカーのキャンパスを持つ、学部課程中心の都市型大学です。学生数は約1万3000名で、オハイオ州北東部やペンシルバニア西部のみならず、全米40州、世界59ヶ国からの学生も在籍しています。同大学では100コース以上の専攻科目を提供しています。

同大学は次の6つの主な大学によって構成されています。College of Arts and Sciences、Warren P. Williamson, Jr. College of Business Administration、Beegley College of Education、College of Fine and Performing Arts、College of Health and Human Services、William Rayen College of Engineering and Technology。大学院は6つの修士過程と教育学の博士課程を提供しています。また、同大学はNortheaster Ohio Universities College of Medicineのスポンサーでもあります。

ヤングズタウン州立大学はthe North Central Association of Colleges and Secondary Schoolsに認可されています。また専門団体において認可されている追加プログラムもあります。工学部にはABET(Accrediting Board for Engineering and Technology)によって認可されています。

UGS PLM Solutionsについて

UGS PLM Solutionsは41,000社の顧客数と販売ライセンス数260万本以上を誇る、製品データ管理やコラボレーション・ソフトウェア、製品設計ソフトウェア、その関連サービスにおけるリーディング・カンパニーです。また同社は、EDSの製品ライフサイクル管理(PLM)ビジネス分野における子会社です。同社は顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。Structural Dynamics Research Corporation社(SDRC)やEngineering Animation社(EAI)、Unigraphics Solutions社との統合により、UGS PLM Solutionsは数々の強力な製品設計技術を開発し、同社は30年間にわたりPLM業界においてパイオニアであり続けています。UGS PLM Solutionsの製品やサービスに関する詳細は www.ugsplmsolutions.com/index.html又は www.eds.comでご覧いただけます。

EDSについて

EDSは、世界をリードするサービス会社としてデジタル・エコノミーにおける高度なビジネスおよび技術的問題を取り扱うユーザを対象に、戦略、インプリメンテーション、ビジネス革新およびオペレーション・ソリューションを提供しています。EDSは世界最高水準の技術を駆使して、ユーザにとって成果が求められる重要課題の解決に貢献しています。ユーザが業務の境界を乗り越え、新しい手法でコラボレーションを実施し、顧客の信用を獲得し、継続的な業務改善を達成するための支援を行っています。EDSは、その経営コンサルティング部門の子会社、A.T.Kearney社と提携し、世界60ヶ国の有力企業や政府機関にサービスを提供しています。2002年の収益は215億ドル。ニューヨーク株式市場(NYSE;EDS)とロンドン株式市場に上場。詳細は eds.comでご覧いただけます。

Solid EdgeはUGS PLM Solutionsまたは米国及びその他の国におけるUGS PLM Solutions子会社の登録商標です。その他の全てのブランドや製品名は、それぞれ各所有者の商標、登録商標またはサービスマークです。