本文へ移動

17 March 2004

CNH(Case New Holland)、生産性向上とコスト削減に向けSolid Edge®を導入

2004年3月17日、米国テキサス州PLANO発

製品ライフサイクル管理(PLM)ビジネス分野におけるEDSの子会社、米国UGS PLM Solutionsは、
CNH(Case New Holland)が、同社のイタリア、英国、ベルギーおよびポーランドにおける拠点におけるCADシステムとしてSolid Edgeを導入することを発表いたしました。CNHはSolid Edgeを98ライセンス購入しております。CNH(本社:米国シカゴ)は、農業機器および建設機器の製造の分野で、世界をリードする企業です。

CNHは、緻密な国際的パイロット・プロジェクトを行った上で、4拠点でSolid Edgeを活用することにいたしました。グローバルなCNHの評価チームは、全体的なCADライセンスの保有費用の削減が実現できることと、CNHの事業目標に合致している完全な技術的ソリューションを提供する機能を評価し、Solid Edgeを選択いたしました。特に、CNHはSolid Edgeの新たなRapid Blue形状作成技術に、CNHの技術的要望が反映されていることを評価いたしました。

「今回の契約には非常に満足しております。なぜなら、Solid Edgeは利用者の習得期間を大幅に短縮し、なにより、エンジニアの日々の生産性を向上させてくれるからです。」と、CNHのグローバル・エンジニアリング・サービス担当マネージャであるGiuseppe Gavioli氏は述べております。

今回のソリューション

高性能な3次元CADソフトウェアであるUGS PLM SolutionsのSolid Edgeによって、製造企業はInsightを利用した設計、市場投入までの期間短縮、品質向上、低コストを実現することが可能です。CADシステムに設計管理機能を直接組み込んだSolid Edge Insight 技術により、設計意図を組織全体で共有させ、連携を高めることができます。Solid Edgeの卓越した基本モデリングやプロセス・ワークフローとともに、このInsightによって設計変更(ECO)やそれに関連する作業のやり直しを50パーセント以上削減することができます。Amana、Philips Broadcasting Systems、Pella Windows、アルコアや日本電気エンジニアリング、ボルボ、エール大学を含む何千もの企業や大学の設計者によってSolid Edgeコミュニティは構成されています。また、Solid Edge ボイジャ・プログラムには200種の統合されたエンジニアリング・ソフトウェアや、コンピュータ・ハードウェア・ソリューションが含まれています。

CNHについて

CNHは、農業機器および建設機器の業界におけるリーダーブランドであるCaseおよびNew Hollandを保有しております。およそ160カ国の12,000を超えるディーラーに支えられ、CNHはナレッジとブランドの伝統を、世界的な販売、製造、製品サポート、財務の組織力およびリソースと結び付けております。CNHおよび同社の製品に関する詳細は、 www.cnh.com をご参照下さい。

UGS PLM Solutionsについて

UGS PLM Solutionsは42,000社の顧客数と販売ライセンス数280万本以上を誇る、製品データ管理やコラボレーション・ソフトウェア、製品設計ソフトウェア、その関連サービスにおけるリーディング・カンパニーです。また同社は、製品ライフサイクル管理(PLM)ビジネス分野におけるEDSの子会社です。同社は顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。Structural Dynamics Research Corporation社(SDRC)やEngineering Animation社(EAI)、Unigraphics Solutions社との統合により、UGS PLM Solutionsは数々の強力な製品設計技術を開発し、同社は30年間にわたりPLM業界においてパイオニアであり続けています。UGS PLM Solutionsの製品やサービスに関する詳細はwww.ugsplmsolutions.com/index.html 又はwww.eds.com でご覧いただけます。