本文へ移動

03 June 2004

PLM World 2004、製品ライフサイクル管理技術に対する世界の注目を受けて盛況

2004年6月3日、米国テキサス州PLANO発

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダ、UGSとPLM World社は本日、2004 PLM Worldへの参加者数が1,650を超え、過去最高になったと発表いたしました。

今年のカンファレンスは、5月17日から21日、カリフォルニア州Anaheimで開催され、共通のオープンプラットフォームを利用する世界最大のPLMユーザ・コミュニティが一堂に会しました。基調講演は、スウェーデンVolvo Aero社のOla Isaksson博士、中国・上海交通大学のRuan Xue-yu教授、米国の作家兼シンジケート・コラムニスト、Oliver L. North氏が行い、製品の開発や管理において技術革新が世界的に重要になっていることを訴えました。

「今年のPLM Worldが過去最高の参加者数を数えたことは、PLM技術や、PLM技術により弊社ユーザ企業の製品開発期間が大幅に短縮され、革新性、生産性が大幅に向上していることが、世界的な注目を集めていることの表れでしょう。」と、PLM Worldで開会の挨拶を述べたUGSの会長、社長兼CEOであるTony Affusoは述べております。

UGSは5月27日に、Bain Capital、Silver Lake Partners、Warburg Pincusから成る投資グループによる買収手続きが完了したことを発表いたしました。今回の買収規模は、技術企業として過去最大となりました。UGSはまた、同日、UGSという新たな社名ブランドの下で独立系ソフトウェア企業として事業を推進していくことを発表いたしました。

「弊社の買収を見ても、PLM業界の勢いがお分かりいただけるはずです。」と、Affusoは述べております。「今回の買収から、UGSの戦略やPLMプロバイダとしての能力に高い価値があることが証明されただけでなく、PLM技術がさまざまな業界に貢献できる可能性を秘めており、PLM市場が今後とも成長していくであろうことが認められたわけです。」

UGSユーザ・カンファレンスの参加者も増大
PLMが世界的に注目されていることは、各地のUGSユーザ・カンファレンスで参加者が増大していることからも明白です。最近行われたアジアのカンファレンスも参加者が4,500人を超えましたし、欧州でも、各地のカンファレンスにおいてUGSは何千人もの参加者を集めています。10月の開催を予定している PLM Europeには、今年も22カ国以上からの参加が見込まれています。

「我々の組織は、今後とも成長し続けることでしょう。」と、PLM World社の会長を務めるEastman Kodakのシステムインテグレータ、Jim Wilson氏は述べております。「PLM Worldには、業種も分野も製品の利用方法も異なるさまざまなメンバーが集まっていますが、その目標は1つで、PLM技術の活用によりメンバー企業が戦略的に優位に立てるようにするということです。今年のカンファレンスが過去最高の来場者を数えたということは、企業がPLMを重視するとともに、その能力の拡大に自社も寄与しようという姿勢の表れでしょう。このようなイベントで発揮されるユーザの独創性やたゆまぬ技術向上、コラボレーションや革新を生み出す新たな機会を見ると、とても心強く思います。」

PLM World社について

PLM World社(米国ユーザ会)( www.plmworld.org)はUGSの法人・個人ユーザを支援し、製品ライフサイクル管理関連製品のベストプラクティスの普及活動を行う非営利法人です。PLM Worldの会員数は22,000人以上に上ります。PLM World ユーザグループは毎年カンファレンスを開催し、ユーザ企業による事業目標の達成に向けた支援活動を行っております。カンファレンスでは、UGSとユーザ企業が将来的な製品の方向性、新たな機能、UGS製品群を活用する上での画期的・実用的な方法についての情報などが交換されます。

UGSについて

UGSは、世界全体で300万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。