本文へ移動

09 June 2004

UGS、米国本社を引き続きダラスに

2004年6月8日、米国テキサス州PLANO

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダ、UGSは、本日、同社の米国本社を引き続きダラスに置くことを、発表いたしました。

UGSは、5月27日、Bain Capital、Silver Lake Partners、Warburg Pincusから成る投資会社グループによる同社の株式買収手続きが完了したことを、発表いたしました。買収金額は、ハイテク企業の株式買収金額としては過去最大のものとなっています。同日、新社名ブランドUGSの下、独立系ソフトウェア企業としてUGSは運営を開始しました。

また、6月7日、世界主要CAD開発元の多くが、自社ソフトウェアに組み込み、利用している技術のサプライヤであるD-Cubed社(英国Cambridge本社)を買収することで、合意に達したことを発表しました。

新たな本社としてUGSは、米国テキサス州PLANOのHighway 121とDallas North Tollwayの交差点にあるGranite Park office parkにある事務所とのリース契約を既に締結しております。UGSは現在テキサス州PLANOのEDS社敷地内に本拠を持ち、そこには全社員約4,700名のうちの80名が勤務しています。

UGSは2004年度中に本社事務所移転を完了する予定です。

また、UGSは本日、2名の新役員の発表も行いました。

シニア・バイスプレジデント兼CFO、Doug Barnett: Unigraphics SolutionsのCFOを勤めた後、ポンプや動力変速機の製造、販売の世界大手企業であるColfax CorpのCFOを経て、UGSに復職しました。財務全般を担当します。
シニア・バイスプレジデント兼ゼネラルカウンシル、Tom Lemberg:主要マーケティング・サービス企業であるDigitas社にてエグゼクティブ・バイスプレジデント、ゼネラルカウンシル兼戦略的パートナーシップ責任者を、また、Lotus Development社のゼネラルカウンシルを勤めた経歴を持ちます。さらに主要ソフトウェア企業の公序良俗、著作権侵害活動を扱うBusiness Software Allicance(米国Washington D.C.所在)の設立、成長を牽引した実績を持ちます。法務全般を担当します。

BarnettとLembergはUGS会長、社長兼CEOであるTony Affusoの直轄となります。

UGSについて

UGSは、世界全体で300万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。

ご質問はありますか?