01 July 2004

UGS、業界をリードする幾何形状モデリング・ソフトウェアParasolidバージョン16をリリース

2004年7月1日、米国テキサス州PLANO発

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLM製品プロバイダ、UGSは本日、業界をリードする幾何形状モデリング・コンポーネント・ソフトウェア、Parasolidの最新版であるバージョン16.0を発表いたしました。Parasolidバージョン16.0では様々な機能が追加され、使い易さや広範なプラットフォーム・サポートを実現したのに加えて、設計段階だけでなく製品ライフサイクル全体にわたる課題に対応できるようになりました。

今回のParasolid最新版リリースでも、UGSは従来通り優れた製品設計機能の追加や、エンジニアリング解析や製造に関するさまざまな課題に対処する機能の追加を行い、細かい点に至るまで使い易さを追求しています。追加された主な機能は以下の通りです。
  • 高度なサーフェス-ロフト・スイープ機能では、ダクトや管路など、複雑な湾曲形状をスイープにより設計でき、多点ガイドカーブでは、彫り込んだような閉じた形状を容易に作成できます。

  • ブレンディング-曲率の小さな領域の内部および全域で複雑なブレンディングが可能で、ブレンド作成をさらに自動化することができます。

  • パーツ・テーパリング-マルチアングル・フェース・テーパリングの同時処理が可能になるとともに凹部のマイタリングが改良され、鋳造や金型のテーパリングを自動化しやすくなりました。

  • シート・モデリング-シートのトリミング機能と拡張機能が強化され、コンポジットシートのモデリングが行いやすくなりました。

  • ファセット生成コントロール-ファセット生成と品質チェックが最適化され、有限要素法解析アプリケーション向けのメッシュ生成を効率よく行えるようになりました。

Parasolidバージョン16.0は、機能的な面だけでなく運用環境の面でもさらに拡張が行われ、MAC OS/XとIBM AIX 64ビットという2種類のプラットフォームを加え、カバーするプラットフォームがさらに拡大しました。

「Parasolidは世界最高の幾何形状モデリング・コンポーネント・ソフトウェアとの評価を得ておりますが、その優れたモデリング機能を拡張し、カバー範囲を広げていくことが重要だと考えます。」と、UGSのオープン・ツール担当バイスプレジデント、Bruce Feldtは述べております。「弊社は今後もコンポーネントソフトウェア技術のサプライヤとしてPLM業界をリードしてまいります。今回のParasolidの新バージョンや、D-Cubed社の買収(6月30日に買収手続き完了)は、そのような戦略の一環です。」

Parasolidについて

ParasolidはUGSが提供するPLMコンポーネント製品群の一部で、世界トップレベルのCAD/CAM/CAEアプリケーションの多くに幾何形状モデリング基盤を提供しています。UGSが開発し、自社のさまざまな製品開発アプリケーションに組み込むとともに、独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)やエンドユーザにライセンス供与を行っています。ライセンス供与は「平等な競争」という方針に基づいて行われており、どのライセンスでも、Parasolidのアップデートや機能拡張に等しくアクセスすることができます。

UGSについて

UGSは、世界全体で300万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。