本文へ移動

12 July 2004

UGS、Teamcenter Multi-CAD Engineering Collaboration Solutionを発表

2004年7月12日、米国テキサス州PLANO発

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、Teamcenter Multi-CAD Engineering Collaboration Solutionを発表いたしました。

この新たなマルチCADソリューションは、CADの種類に依存しないデータ管理ソフトウェアとして業界をリードするTeamcenterをベースに、JTビジュアライゼーション技術との統合により、様々なCADオーサリング環境におけるエンジニアリング・コラボレーションをサポートしたものです。この結果、複数のCADオーサリング・ソースのデータをTeamcenterにまとめ、可視化や計測、干渉解析、マーキング、共有等が行えるようになりました。

「マルチCADのPLMでは、複数サイトにまたがる製品開発の管理や、製品の設計変更に対するリアルタイムな対応が可能になります。」と、PLM市場調査会社、Collaborative VisionsプレジデントDavid Burdick氏は述べております。「UGSはマルチCAD統合に力を入れており、この分野において優位に立っていると言えます。」

Teamcenter Multi-CAD Engineering Collaboration solutionのサンプル・スクリーン・ショットはこちらをご覧ください。 http://www.ugs.com/administrative/extras/images/pr/multicad_graphic.jpg

マルチCADは単なるCADファイル管理ではありません

CAD設計ファイルの管理を行うだけの製品、特に1種類のCADシステムのファイル管理を行うだけの製品は数多くありますが、Teamcenterはそのような製品とは異なりビジュアライゼーション機能を持ち、真のエンジニアリング・コラボレーションをサポートします。TeamcenterではCADデータやビジュアライゼーション・データの同期や管理が自動的に行われ、複数サイトに分散した設計チームメンバーが複雑なアセンブリ構造を楽々と見ていくことが可能になります。マルチCAD設計の解析や検証も常時、ビジュアライゼーション機能とモックアップ機能により容易に行えます。また、元のネイティブCADデータ・フォーマットも保持されるため、複数サイトに分散した設計チームが同一情報をベースに作業を進めることができます。

膨大な製品ナレッジをTeamcenterで捕捉・管理・共有すれば、エンジニアリング・プロセスをスリム化し、設計変更の影響を素早く解析・検証し、設計の再利用性を高めることが可能です。その結果、設計効率が向上し、デザイン・レビューはシンプルになり、製品品質は向上し、製品改良により多くの時間を使えるようになります。

「統一PLM環境で様々な種類のCAD資産を一元管理できるという機能は、事業を世界展開されている弊社のお客様にとって重要なポイントなのです。」と、UGSのTeamcenterアプリケーション担当バイスプレジデントSteve Bashadaは述べております。「複数のCADシステムを使用しているお客様にとって、Teamcenterは当然の選択肢です。また使用しているCADシステムは1種類でも、さまざまなCADシステムを使用しているOEMやサプライヤが提出するジオメトリに対して設計の検証を常に行いたいというお客様にとっても、Teamcenterは優れた機能を発揮します。」

Teamcenterは、製品ナレッジをプロセス革新と統合することで製品ライフサイクル全体においてビジネスバリューを実現する、柔軟な構成が可能な高い実績を誇る分野・業界別ライフサイクル・ソリューション群です。PLM業界をリードするTeamcenterのデジタル製品開発、エンジニアリング・プロセス管理、エンタープライズ・データ管理ソリューションは、導入から短期間で成果をもたらし価値創出を実現しています。

UGSについて

UGSは、世界全体で300万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。