本文へ移動

14 July 2004

Solid Edgeバージョン16の新モジュールVirtual Studio+を発表

2004年7月14日、米国NEW YORK CITY発

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、Solid Edgeバージョン16の新モジュールVirtual Studio+を発表いたしました。メインストリーム製品ライフサイクル管理(PLM)市場向けの、業界をリードするバリューベースの3次元CADシステムであるSolid EdgeのモジュールとしてVirtual Studio+は、フォトリアリスティックでアーティスティックなスケッチベースのレンダリングを実現します。

UGSは今回の発表を、アナリスト・メディア・ブリーフィング・イベント(2004年7月14日、15日に米国New Yorkにて開催)において行いました。同イベントは、5月27日にUGSが新たな社名ブランドのもとで独立企業として運営を開始して以来、初めての主要イベントとなります。

今回のSolid Edgeの機能拡張において、レンダリング・ソリューションで定評あるLightWork Design社(英国Sheffield)の技術を利用したことで、フォトリアリスティック・イメージの生成が可能になりました。Virtual Studio+は、材料ライブラリ、バックグラウンドとフォアグラウンド、テクスチャ、背景、光源(環境光、点光源、スポットライト、平行光、空)等をこれまでにないほど多数用意し、メインストリーム市場向けモデラーと共に提供されます。

Virtual Studio+では、スケッチベースのレンダリングを行うというLightWork社のユニークな機能を採用し、設計初期におけるビジュアライゼーションやコンセプト・レビューにおいて、CAD形状をデザイナーが鉛筆で描いたようなイメージにレンダリングすることが可能です。意志決定前にコンセプトをよりよくビジュアライズできるため、複雑な製品の設計が容易になり、顧客、サプライヤ、部門間のコミュニケーションが円滑になるとともに、ミスが減り、製品の市場投入期間が短縮されます。これにより、Solid EdgeによるDesign with Insight(将来を見抜いた設計)を更に推進できます。

「Virtual Studio+の出荷は、メインストリームCAD市場におけるフォトリアリスティック・レンダリング機能の認識を変えるものであり、コンシューマ製品など美観が重視される市場における当社の競争力が一段と向上するものと考えます。」と、Solid Edgeビジネスユニット担当ディレクタ、Dan Staplesは述べております。「スケッチベースのレンダリングというユニークな新機能を備えたSolid Edgeは、コンセプト・レビューからプロモーション素材にいたるまで、あらゆる場面に対応することが可能で、あらゆる業界、あらゆる分野の製品デザイナーにも魅力的な製品と言えるでしょう。」

Solid Edgeは、バージョン14でも複雑な形状生成を行うソフトウェア、Rapid Blueを搭載するなど、コンシューマ製品市場をターゲットに積極的な機能拡張を続けており、日本国内の大手製造業各社やフランスのGroupe SEB社、米国のHinkley Yachts社など、各方面の顧客から高い評価を得ています。

Virtual Studio+は、Solid Edgeのアドオン・モジュールとして販売されます。Solid Edgeのコア・レンダリング機能を提供するVirtual Studioは、従来通りSolid Edgeに標準搭載されるので、お客様は自社のニーズに合った価格とソリューションをお選びいただけます。

Solid Edgeバージョン16に関する詳細は、2004年6月2日付けプレスリリース「UGS、Solid Edgeバージョン16を発表( http://www.ugs.jp/news/2004/04_06_09_02.html)」をご覧ください。

Solid Edgeについて

高性能な3次元CADソフトウェアであるUGSのSolid Edgeによって、製造企業はInsightを利用した設計、市場投入までの期間短縮、品質向上、低コストを実現することが可能です。CADシステムに設計管理機能を直接組み込んだSolid Edge Insight 技術により、設計意図を組織全体で共有させ、連携を高めることができます。Solid Edgeの卓越した基本モデリングやプロセス・ワークフローとともに、このInsightによって設計変更(ECO)やそれに関連する作業のやり直しを50パーセント以上削減することができます。Amana、Philips Broadcasting Systems、Pella Windows、アルコアや日本電気エンジニアリング、ボルボ、エール大学を含む何千もの企業や大学の設計者によってSolid Edgeコミュニティは構成されています。また、Solid Edge ボイジャ・プログラムには200種の統合されたエンジニアリング・ソフトウェアや、コンピュータ・ハードウェア・ソリューションが含まれています。

UGSについて

UGSは、世界全体で300万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。