本文へ移動

14 July 2004

UGS、NX Managed Development Environment(設計管理環境)を発表

2004年7月14日、米国テキサス州PLANO及びNEW YORK CITY発

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、NX Managed Development Environment(設計管理環境)を発表いたしました。今秋リリースのNX 3における数々の新機能、機能強化の1つであるNX Managed Development Environmentは、先進統合PLMソリューション群であるNXやTeamcenterのパワーを結合し、デジタル製品開発の基盤を強化するものです。

UGSは今回の発表を、アナリスト・メディア・ブリーフィング・イベント(2004年7月14日、15日に米国New Yorkにて開催)において行いました。同イベントは、5月27日にUGSが新たな社名ブランドのもとで独立企業として運営を開始して以来、初めての主要イベントとなります。

NX Managed Development Environmentは、CAD、図面、文書、表、シミュレーション・シナリオ、テスト・データとその結果、NCデータと関連ツーリング情報、組み込まれているナレッジや検証ソリューション等、従来と比較して非常に幅広いデータの管理が可能です。全製品データの管理やプロセス・ナレッジの管理を完全に統合し、同期を実現することで、重要なプロセスやワークフローを効率化し、エンジニアリング・プロセス管理を容易に行うことができます。これにより、製品開発における無駄を削減し、リーン・デザインやシックスシグマ(DFSS)に不可欠な製品品質を大幅に向上できます。

「NX Management Development Environmentは、業界を一変させる力を持つ技術と言えるでしょう。」と、UGS、PLM製品担当プレジデントChuck Grindstaffは述べております。「弊社はNX 3において、数多くの新機能の追加や機能強化を行っていくことで、グローバルな事業展開をされている弊社のお客様に完全なデジタル製品開発ソリューションを提供してまいります。NX Managed Development Environmentは、NX 3において提供する新機能の第一弾です。」

NX Managed Development Environmentについて

UGSは長年にわたり設計管理ソリューションを提供してまいりました。近年は、同社の次世代デジタル製品開発ソリューションNXとTeamcenterの緊密な統合を推進し、完全なデジタル製品開発ソリューションを開発することに大規模な投資を行ってまいりました。

NX Managed Development Environmentの特徴

全製品データを管理する広範な機能が、マルチサイト、社内外の設計チーム間の同期;全関連製品データの管理;変更管理等ワークフロー・プロセスの管理;サプライヤの統合;異なるビジネスシステムやチームとのデータ共有;既存データ再利用の大幅拡大、等を実現します。

コラボレーティブな環境が、より多くの選択肢のより迅速な評価;様々なシナリオのテスト結果比較による、最適なソリューションへの到達;ベストプラクティスやエンジニアリング・プロセスの捕捉、データ再利用のためのコンプライアンス・スタンダードや機能的要件の規定、等を実現します。

NXデータを保持しながら、設計管理からエンジニアリング・プロセス管理までを容易に、シームレスに実行します。

NX Managed Development Environment の効果

情報検索に要する時間を大幅に削減することで、本来のエンジニアリング業務により多くの時間を充当させることが出来、コストと無駄の削減を実現します。

設計変更に関するコミュニケーションや迅速な解析を行えるので、サイクルタイム向上、エラーやコスト削減、製品品質全般の向上を実現します。

製品の複雑さを軽減することで、新規市場におけるビジネス機会により迅速に対応でき、より高品質な製品を提供できます。

「NX Managed Development Environment は、その他のソリューションと比較し、その使い易さにおいて際立っています。」と、Grindstaffは述べております。「このシステムは、プロセスとワークフローを関連付けて明確に管理し、コラボレーションを促進し、ソースに関わらずデータを管理するためのバックボーンとなります。NX Managed Development Environmentにより、個々の製品情報を容易に統合し、単一の製品情報庫(レポジトリ)として管理することが可能となります。」

NX Managed Development Environmentは2004年第3四半期(7月-9月期)に予定されているUGSのNX 3リリースにおいて提供されます。

UGSについて

UGSは、世界全体で300万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。

ご質問はありますか?