29 July 2004

UGS、NX Simulation Process Studioを発表

2004年7月29日、米国テキサス州PLANO発

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、あらゆるレベルのお客様やユーザの皆様が、専門的知識やベストプラクティスを活用しながら反復的なデジタル・シミュレーション業務を容易に自動化できるNX Simulation Process Studioを発表いたしました。

2004年度第3四半期にUGS NX 3の発売と共に提供が開始されるNX Simulation Process Studioは、UGSのデジタル製品開発ソリューションのNXと、業界トップのPLMソリューション統合製品群であるTeamcenterの強みを共に活用することで、さらに機能拡充したデジタル製品開発基盤を実現します。

NX Simulation Process Studioを使用して、解析担当者が複雑なプロセスを格納し、解析の専門技能が不充分な人でも安全かつ効果的に活用できる手法を作成することが可能です。NX Simulation Process Studioはとりわけ、エンジニアリング・シミュレーションの効果的使用に役立ち、企業がデジタル開発プロセス全体を通じて、豊富な情報に基づいたより効果的な意思決定が行えるように開発されています。UGSのソフトウェアとベストプラクティスのナレッジを統合して、自動化と管理が行き届いた手法を作成することで、反復可能なプロセスや業務に伴う労力やリスクを大幅に削減できるようになります。そのようなプロセスを割り出し、再利用することは、リーンデザイン(無駄をそぎ落とした設計)やシックスシグマを目指した設計(DFSS)など様々な業界イニシアチブの成功に不可欠です。

「組織全体の再利用可能な共通プロセスは、デジタル開発プロセスにおける品質確保とばらつき削減のための鍵と言えるでしょう。」と、UGSのPLM製品担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、Chuck Grindstaffは述べております。「収益性確保を重視しておられる弊社のお客様にとって、製品開発迅速化と製品品質向上を実現しつつ、プロセス全体で無駄を削減することが必要です。」

「弊社の目標は先進的な解析技術を駆使して、試作品への依存度を大幅削減することです。」と、いすゞ自動車の技術開発部門CAE・システム推進部長、本間友氏は述べております。「これは製品開発部門全体への解析の普及にかかっています。弊社ではNX Simulation Process Studioを、専門知識やベストプラクティスを格納でき、設計技術者にとって、より使いやすく価値ある形で活用できる点で評価しています。」

NX Simulation Process Studio

UGSは長年にわたり、市場をリードするデジタル・シミュレーション/ナレッジ駆動型自動化ソリューションを提供してきました。近年、弊社はNXとTeamcenterの緊密な統合を推進することで完全なデジタル製品開発ソリューションを提供すべく大規模な投資を行いました。

NX Simulation Process Studioの機能とメリット
  • ナレッジ対応ウィザードを動員して統合型の構造・運動解析ツールを設計し、稀少なエンジニアリング専門リソースを使用することなく早期段階のシミュレーションを実行できます。その企業独自の知的財産を統合した標準ツールのコアセットを活用することで、製品性能や製造容易性に関する高価値なフィードバックを得ることで競争優位性を獲得できます。

    o 高品質・低コスト、最高機能を有する製品開発を実現します。

  • NX Digital Simulationの各種機能を直接活用し、エンジニアリング・シミュレーションを効率化します。

    o 日程短縮や設計変更等により、下流工程におけるコスト削減やリスク軽減を実現します。豊富な情報に基づく意思決定を可能にし、より良い製品を生み出します。保有コストや保証コストを削減しながら、製品の信頼性を向上させます。

  • Teamcenterに搭載されたプロセス・ベースのツールセットとNXの自動化ツール、それに専門エンジニアリング・シミュレーション・ツールを同期化します。ユーザはプロセスの改定履歴を保存、管理、追跡すると共に、プロセス・ナレッジを共通のPLMフレームワーク内で捕捉、配布、再利用・管理できます。

    o 費用効率の高い開発、検証、デジタル・プロトタイピング/シミュレーション向けの大規模な製品開発環境の管理を実現します。

  • 社内外の顧客向けおよび商用アプリケーションの基礎となるオープンな共通アーキテクチャを提供します。NX OpenとNX Knowledge Fusionをベースにしたカスタマイズの容易なプログラムを格納します。

    o 社内のソフトウェア・プログラム/プロセスやサードパーティーのCAEアプリケーションの接続・再利用に容易に対応できます。

「長期的価値を左右するのは、主要な社内イニシアチブを支えるための保有コストと柔軟性です。」と、Grindstaffは述べております。「NX Simulation Process Studioに実装されているプロセスは、自己文書化に対応しており、製品開発環境管理の際に変更や制御が容易に行えます。そのため、プロセス仕様をより効果的に推進・実装し、ベストプラクティスの導入をサポートできます。これらはリーンデザインやシックスシグマを目指した設計でも基幹的要素となっているものです。」

UGSについて

UGSは、世界全体で300万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。