11 August 2004

UGS、Intel EM64Tテクノロジを採用したHPワークステーションのサポートを発表

2004年8月11日、米国テキサス州PLANO発

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、6月に発売されたIntel Xeonプロセッサを搭載したHP Workstation xw6200とxw8200のサポートを発表いたしました。

HPのxw6200とxw8200は、将来は64-bit extensionsに対応する32ビットのワークステーションで、UGSのNX2とParasolid V16.0をサポートするIntel Xeonベースのワークステーションとしては初めての製品になります。Intel社の最新のプロセッサとシステムチップ技術に利便性の高い「ツールレス」シャーシを組み合わせ、有力技術ベンダー各社のPCI Expressグラフィックスを提供する同ワークステーションは、UGSのお客様の最も厳しい要件にも応える理想的なプラットフォームです。

「UGSとHP社は、最高の品質と性能を備える製品をできる限り早く提供し、ワールドクラスのサポートでお客様を支えるという共通の目標を掲げ、17年以上にわたって密接に協力してまいりました。」と、UGSのテクニカル・オペレーションズ担当バイスプレジデント、Chris Broszは述べております。「HPが弊社の施設にリソースを振り向けて、迅速な認定作業やワークステーションのお客様サポートを実施してくれているおかげで、常に変わらぬ高い水準の品質とサポート、そして製品の迅速な市場投入でお客様の期待に応えることが可能になっています。」

緊密なコラボレーション

UGSとHPは、UGSの主力デジタル製品開発ソリューションであるNX2と、幾何形状ソリッド・モデリング用コンポーネント・ソフトウェアとして世界で最も広く活用されているParasolidのV16.0が、32ビット・アプリケーションとしてHPワークステーションを直ちにサポートするよう緊密な協力体制で取り組みました。また、両ソフトウェアの将来のリリースが64-bit extensionsをサポートし、その力を最大限に引き出すためにも協力しています。HP製品の認定、チューニング、サポートでも両社は絶えず協力態勢にあります。

「ワークステーションに魅了される体験というのはハードウェアだけがつくりだすものだとは考えていません。優れたテクノロジ、他社との協力、長年蓄積された知識、これが絶妙なバランスで組み合わされて初めて現前します。」と、HP社のワークステーション・グローバル・ビジネスビジネスユニット担当バイスプレジデント兼ワールドワイド・マーケティング・マネージャ、Jim Zafarana氏は述べております。「HP社とUGSは1987年から、HPのハードウェアで稼働する最高のソリューションの実現に取り組んでおり、お客様が設計に際して求める性能とパワーの最適なバランスを作り出しています。」

HPはグローバルUGSパートナー・プログラムの戦略パートナーです。同プログラムに関する詳細は、 www.ugs.com/partnersをご覧ください。

UGSについて

UGSは、世界全体で300万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。