本文へ移動

08 September 2004

UGS、NX™3でマシニング機能を拡張し、複合加工機をサポート

2004年9月8日、米国CHICAGO、International Manufacturing Technology Show(IMTS)発

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、複合加工機のプログラミングを行うソフトウェアソリューションを発表いたしました。これにより、1台の加工機械で、ミル加工や穴あけ加工、旋盤加工など、複数の製造プロセスを行うことが容易になります。

今回の発表は、Chicagoで開催中のIMTS(International Manufacturing Technology Show)のオープニングに合わせて行われました。IMTSは9月15日まで開催されますが、UGSも各種製造ソリューションを展示します。

今月中にリリースされる予定のNX 3では、NXマシニングの機能が拡張され、1台の加工機械で複数の機能を利用したり、1つの機能について複数の使い方をしたりできるようになります。複合加工機を使用すると、複数台の機械を使用する時と比較して、セットアップ時間が短縮される上に、機械間の移動時間や加工待ち時間も短縮されます。また、必要な機械の台数も大幅に削減され、世界中の製造企業が大きなコスト削減を実現できます。

「製造業では、機械加工の時間とコストを削減し、スリム化を進める方策として、複合加工機の導入が進んでいます。」と、UGSのPLM製品担当エグゼクティブ・
バイスプレジデント、Chuck Grindstaffは述べております。「NX 3の新機能では、効率の高いマシニング・プロセスを活用して、何台もの加工機を使うと必要になるセットアップ時間を短縮することができます。この結果、製品の製造速度があがるだけでなく、材料の取り扱いやセットアップのエラーが減るため、おそらくは廃棄物も減少し、製品品質も向上するものと思われます。」

NXマシニング-多機能マシニング

NX 3では、2~5軸ミル加工、複数のタレットやミリングヘッドを使った4軸の旋盤加工や穴あけ加工などを組み合わせた複合加工機が持つ様々なマシニング機能を完全にサポートしています。
  • 複合機能を制御する同期マネージャ-NXでは、各加工機能をチャネルとしてグラフィカルに表示します。加工プロセスの各段階の流れは、startコードとwaitコードにより制御します。マシンツール・シミュレーションとも完全に統合されており、プロセス全体をビジュアルに検証することも可能です。

  • プロセス・テンプレートとセットアップ・テンプレートによる自動化-NXマシニング・システムはプロセス指向となっており、プログラマの負担が小さくなるように、マシンのタイプと構成に応じて、よく使われる加工方法をカバーしたテンプレートが用意されています。新しい加工ジョブに適切なテンプレートを適用すると、普通なら長い時間がかかってしまうような設定作業の大半が自動的に行われると共に、マシンの制御パラメータが設定され、より短時間に容易に作業を進められるようになります。また、後々、同じ作業をくり返すことも簡単です。

  • ポスト処理-複合加工機で難しい点は、各マシンツールをサポートする様々な出力ファイルを適切に作成することです。この部分がうまく行えないと、せっかくの高価なマシンが十分に活用されなかったり、最悪の場合、全く稼働しない状況になってしまったりします。NXにはポスト処理システムが組みこまれており、複雑な複合加工機シーケンスへの対応を行うことができます。なお、複雑なプログラム全体を効率的に検証するには、機械加工プロセス全体をグラフィカルにシミュレーションできる機能が必要です。NXでは、プログラミング機能とポスト処理機能とを緊密に統合した3次元マシンツール・シミュレーションが行えます。このように、NXでは各種コンポーネントが用意されており、複合加工機ツールのプログラミングを効果的に行うことが可能です。

「NX 3に搭載されるマシニング機能について、UGSのプレゼンテーションを受け、感銘を受けました。」と、Acushnet社のCNC/CAMマネージャ、Scott Knutson氏は述べております。「NX 3なら、製造上のノウハウを今まで以上に製品開発プロセスで生かすことが可能です。新機能が利用できる日を心待ちにしています。」

UGSについて

UGSは、世界全体で310万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。

ご質問はありますか?