本文へ移動

19 October 2004

米国AMF社、UGSのSolid Edge®を標準3次元設計システムに採用

2004年10月19日、テキサス州PLANO発

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、製パン業界に統合自動化ソリューションを提供している大手企業米国AMF社が、UGSのSolid Edgeを標準システムに採用したことを発表しました。Solid Edgeは、メインストリームPLM市場に向け、業界をリードするバリューベースの3次元CADシステムです。

AMFでは、米国バージニア州Richmondとカナダ、ケベック州Sherbrookeの2カ所の製造施設で、合計30シートのSolid Edgeライセンスを活用する計画です。

AMFではSolid Edge、SolidWorks、AutoCadの各システムの比較評価を行った結果、Solid Edgeの採用に踏み切った要因として、リビジョン管理の処理が可能な、Insightによる設計管理機能のメリットを挙げています。同社はこれまでにSolidWorksとAutoCadを使用していました。

「製品データ管理は弊社にとって必要不可欠です。とりわけ、製造施設間や部門間のコミュニケーションを保ちながら複雑な製品群を扱う上で、データの管理は重要です」と、AMF SherbrookeのCADコーディネータ兼R&D設計者であるMarc Stringer氏は述べております。「Solid Edgeを評価した中で、Insightに加え、設計から製造までのワークフロー全体の中で、高度な板金設計を処理できる性能に最も感銘を受けました。これこそ弊社の製造プロセスの鍵を握る要素なのです。」

現在、UGSのSolid EdgeチームとカナダAutomadesign社、および米国メリーランド州Hunt ValleyのPrecision CAD/CAM Systems社が、プロジェクト導入のさまざまな段階においてAMFの支援にあたっています。2005年以降、AMFの新たな設計はすべてSolid Edgeで行われる予定です。

「AMFは複雑な機械を製作されていますので、私たちは長時間かけて、同社における設計上のニーズの把握につとめました。」と、Automadesign社長のLouis-Michel Menard氏は述べております。「Solid Edgeに関する私たちの専門知識と、AMFの戦略的ビジョンとを融合させることで、このプロジェクトの確実な成功を確信しております。」

Automadesignはカナダ、ケベック州BromontおよびIle-des-Soeursに事業所を置く、Solid Edgeの付加価値販売代理店です。

AMF社について

300名を超える従業員と50名のエンジニアを擁するAMFは、製パン業界に向けた統合自動化ソリューションの大手サプライヤーです。バージニア州Richmondに本社を置き、コンベヤ、コレーター、容器管理、包装などのソリューションを提供しています。また同社はプロジェクトマネージャたちの専門技術をOEM企業にも提供しており、これにより、すでに合計100以上のロボット包装システムや他の高速包装システムの設計と管理の実績があります。

Solid Edgeについて

高性能な3次元CADソフトウェアであるUGSのSolid Edgeによって、製造企業はInsightを利用した設計、市場投入までの期間短縮、品質向上、低コストを実現することが可能です。CADシステムに設計管理機能を直接組み込んだSolid Edge Insight 技術により、設計意図を組織全体で共有させ、連携を高めることができます。Solid Edgeの卓越した基本モデリングやプロセス・ワークフローとともに、このInsightによって設計変更(ECO)やそれに関連する作業のやり直しを50パーセント以上削減することができます。Alcoa、日本電気エンジニアリング、Volvoなど何千もの企業によってSolid Edgeコミュニティは構成されています。また、Solid Edgeボイジャー・プログラムには200品目にのぼる統合されたエンジニアリング・ソフトウェアや、コンピュータ・ハードウェア・ソリューションが含まれています。

UGSについて

UGSは、世界全体で310万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。