本文へ移動

25 October 2004

UGS、Microsoftプラットフォーム対応の総合PLMソリューションをリリース

2004年10月25日、米国シカゴPDMA国際会議発

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、Microsoftプラットフォーム上に構築する総合的なPLMソリューションを発売することを発表しました。これにより、TeamcenterとNXが提供する製品ナレッジ管理、コラボレーション、デジタル製品開発プラットフォームは、Windows Server SystemおよびOffice Systemとシームレスに統合されることになります。

UGSはこれに加えて、TeamcenterのSQL Server 2000 Service Pack 3 Standard Edition対応版およびEnterprise Edition on Windows Server 2003対応版の提供を開始すると発表しました。また、Microsoft社は本日、Program for Collaborative Product Development(CPD:製品開発コラボレーション・プログラム)を発表しました。これは、市場をリードする企業との提携を通じてPLM市場の一角にMicrosoftのテクノロジーを供給することを目的とした、市場投入イニシアチブです。UGSはこのCPDプログラムをさらに拡充するものとして、製品データ管理(PDM)、顧客ニーズ管理(CNM)および資材直接調達(DMS)機能のサポートを提供します。

PLMは、製品のコンセプト段階から廃棄までをデジタルで管理する企業ビジネス戦略です。Daratech社によると、PLMソフトウェアとサービスの世界市場は、2007年まで年8%の成長率を維持し、92億ドル以上に拡大すると見込まれています。また、UGSがTeamcenter製品ポートフォリオでその強みを持つ製品データ管理とコラボレーションのPLM市場セグメントは、2007年まで年16%の成長率が予測されています。

「UGSはMicrosoftと提携し、Microsoftのテクノロジーを土台として、双方のお客様の需要を満たすPLMソリューションを提供し続けてくれるでしょう。」と、Microsoft社マニュファクチャリング・インダストリー・ユニットのディレクター、Don Richardson氏は述べております。「UGSの持つPLM分野の専門技術と業界知識に、Microsoftのコラボレーション・ツールおよび開発ツールが結びつくことで、従来の技術投資を最大限に活用しながら総所有コストの削減をもたらすソリューションをお客様に提供できるようになります。」

UGSとMicrosoft社は、PLMソリューションの認知度を高め需要を増大させることを目標に、販売機会の開拓を共同で推し進めていく計画です。提携のメリットは、UGSソリューションをMicrosoft技術プラットフォーム上に構築できるという点にあり、両社はこのことの価値を広くアピールする考えです。

「Microsoftベースのソリューションであれば、お客様は、低い所有コストで迅速にPLMを導入できるようになります。弊社のMicrosoft対応研究開発戦略が、市場機会の拡大と顧客満足度の向上という形で実を結ぶことを期待しています。」と、UGSのグローバルセールス担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、Jim Miltonは述べております。「弊社がMicrosoftのパートナーに選ばれ、業界をリードするソリューションを市場に供給できることを喜ばしく思っております。」

UGSとMicrosoft社は、シカゴで開催されている年一度のProduct Development Management Association(PDMA)国際会議において、本プログラムの初の市場向けPRを展開しました。両社は同会議のスポンサーであり、展示企業としても参加しています。継続的な市場投入活動としては、管理職向けや特定地域向けのセミナー、Webセミナー、その他、両社の現在の顧客を対象としたマーケティング・コミュニケーションを含め、両社が協力して実施する予定です。

UGSについて

UGSは、世界全体で310万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGSの製品・サービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。

ご質問はありますか?