25 October 2004

UGS、Microsoft SQL Server 2000対応のTeamcenter®を発表

2004年10月25日、米国シカゴPDMA国際会議発

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、TeamcenterがMicrosoft SQL Server 2000 Service Pack 3 Standard EditionおよびEnterprise Edition on ndows Server 2003に対応することを発表しました。この対応版の提供により、UGSの顧客は、Teamcenterの製品ナレッジ管理ソリューションとコラボレーション・ソリューションを導入するITプラットフォームを選べるようになりました。

「Microsoft SQL Server 2000対応のTeamcenterの登場で、企業はTeamcenter PLMソリューションの総所有コストを低く抑えられるようになります。PLM導入のためのIT初期投資を節約したい中小企業のマーケットにも、ビジネスチャンスが拡がるでしょう。」と、ARC Advisory Groupのジェネラル・マネージャ、John Moore氏は述べております。「それだけでなく、UGSの新しいSQL Server対応製品は、同社の顧客の中核層にあたる企業にとっても新たな選択肢となるはずです。」

SQL Server 2000対応のTeamcenterは、Microsoft社の技術プラットフォームをフル活用します。コラボレーション、ナレッジ管理、ライフサイクル・プロセスの自動化を、使い慣れたWindowsのデスクトップ環境で行えるようになります。Teamcenterソリューションは、より馴染みやすく、より購入しやすく、より多くの企業に利用してもらうことができるようになります。また、顧客は他のSQL Server対応エンタープライズ・ソリューション、例えばWindows SharePoint Services、SQL Server 2000 Reporting Services、BizTalk Serverなどを、すべて共通のITインフラストラクチャ内で使用できます。

「Windows Server SystemとSQL Serverは、大小さまざまな企業に採用されて、企業の生産性を支えています。」と、UGSのTeamcenterアプリケーション担当バイスプレジデント、Steve Bashadaは述べております。「我々はその基盤にTeamcenterを容易に組み入れることができ、豊富でスケーラブルなPLM機能を短時間で、コスト効果に優れた方法で、お客様に提供することができます。Microsoftプラットフォームを選択している企業にも、PLMビジョンの実現に向け、世界をリードするPLMソリューションであるTeamcenterの導入への道が開かれたのです。」

「UGSはMicrosoftのテクノロジーを土台として、実績あるソリューションをお客様に提供し続けるでしょう。それは、より有効な企業間のコラボレーションとコミュニケーションを可能にし、さまざまな重要課題を解決します。」と、Microsoft社マニュファクチャリング・インダストリー・ユニットのディレクター、Don Richardson氏は述べております。「Microsoftの統合プラットフォームが重要なビジネス機能の最適化と自動化にいかに役立つか、そして同時に、既存の技術投資の有効活用をいかに実現可能とするか。その一例が今回のソリューションなのです。」

UGSのTeamcenterは、人とプロセスを結びつけるソリューションです。TeamcenterのPLMのオープンなアーキテクチャの上に構築される統合ソリューションは、製品ナレッジの作成、抽出、共有を通してイノベーションを推進し、生産性を向上させます。Teamcenterはどんな企業のPLMニーズにも優れた適性を発揮するモジュール型の独創的なソリューションです。

UGSについて

UGSは、世界全体で310万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGSの製品・サービスの詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。