25 January 2005

英国AESSEAL 社とUGS、未来のエンジニアを育成

2005年1月25日

国際的エンジニアリング企業である英国AESSEAL社とUGSは、 次世代のエンジニア育成への取組として、英国南ヨークシャー地方の学校に、CADソフトウェアを無料で配布しています。「草の根」キャンペーンと呼ばれるこの活動は現在、ロザーハム、シェフィールドおよびドンカスターの学校と大学36校余りに7000シートを超えるSolid Edgeを提供しており、教員と生徒はソフトウェアの使用方法について無料のトレーニングが受けられます。

この取組は大きな成果を収めました。無料ソフトウェアの供与とトレーニングを受けた後、2004年度ICSYS CAD/CAM地域大会で優勝したドンカスター市リッジウッドの7年生、Fern Brown君を始めとして、多数の学童が設計分野で表彰されました。

リッジウッドの設計技術の教師、Steve Manley氏は、CADソフトを授業にとりいれています。「自分の作品が3D化されると生徒たちは本当に興奮します。また、AESSEAL社を通じて産業界とつながりを持てたことも、AESSEAL社のメカニカル・シールの製造に設計ソフトが関わる過程を経験できたことも、とてもよかったと思います。」とManley氏は述べています。「このように多数の表彰をいただけたのは、Solid EdgeとAESSEAL社のご協力があったことがとても大きかったと思っています。」

「草の根」キャンペーンは、教育機関が最新の3Dソフトウェアを導入しメンテナンスするのはほとんど不可能ということをAESSEAL社が知ったことがきっかけとなって始まりました。生徒たちは、設計・エンジニアリングにおいてキャリアを積む為に必須のスキルを身に付けることなく卒業を余儀なくされていたのです。

ロザーハムの2つの事業所で250人の従業員を抱えるAESSEAL社のマーケティング・マネジャー、Jonathon Woodhead氏は次のように述べています。「英国の才能ある技術者を多数擁する企業として、若い世代を育成し、この分野に興味を持ってもらうのは重要と私たちは考えました。"草の根"キャンペーンは、私たちなりのやり方でそれを実行に移したのです。」

UGSの英国マーケティングのヘッド、Netta Sjodinは次のように述べています。「この取組は、エンジニアリングが歴史的に産業界で重要な位置をしめる英国において、UGSがその将来のお役に立つための素晴らしい方法と感じています。」

Solid Edgeについて

高性能な3次元CADソフトウェアであるUGSのSolid Edgeによって、製造企業はDesign with Insight(将来を見抜いた設計)、市場投入までの期間短縮、品質向上、低コストを実現することが可能です。CADシステムに設計管理機能を直接組み込んだSolid Edge Insight技術により、設計意図を組織全体で共有させ、連携を高めることができます。Solid Edgeの卓越した基本モデリングやプロセス・ワークフローとともに、このInsightによって設計変更(ECO)やそれに関連する作業のやり直しを50パーセント以上削減することができます。アルコア、日本電気エンジニアリング、ボルボ等、何千もの企業でSolid Edgeは使用されています。また、Solid Edge ボイジャ・プログラムには200種類の統合されたエンジニアリング・ソフトウェアや、コンピュータ・ハードウェア・ソリューションが含まれています。

UGSについて

UGSは、世界全体で400万本近い販売ライセンス数と42, 000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM) ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。