本文へ移動

02 February 2005

日産ラリーレイドチーム、UGSのソフトウェアをダカールラリー2005参戦ピックアップトラックの開発/製造時間短縮に活用

2005年2月2日

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアと関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGS PLMソリューションズ株式会社(本社:東京代表取締役社長:飯田 晴祥)は本日、日産ラリーレイドチームが、ダカールラリー2005の優勝へ向けた戦略の一環としてUGSのPLMソフトウェアを選択したことを発表いたしました。

ダカールラリー2005の勝利へ強い意気込みを示す日産ラリーレイドチームは、独自のピックアップ・トラックをスターティンググリッドに並ばせることを目指して、新たにチームを編成しました。この国際的な精鋭チームが、製品定義、性能シミュレーションおよびデジタル製造を行うためのデジタル製品開発ソリューションとして、UGSが提供するNX製品群を採用しました。日産ラリーレイドチームの設計エンジニアは、UGSのソフトウェアを使用することで工程の完全デジタル化を実現し、レース仕様のピックアップの開発期間を短縮することに成功しています。

設計チームでは、レース仕様のピックアップの開発をより迅速に行うために、コンピュータ・シミュレーション(構造解析)を設計者が簡便に実行できる設計・解析統合ソリューションの導入について検討を重ねてきました。そしていくつものCADシステムとCAEシステムを評価した上での結論として、設計アプリケーションと解析アプリケーションとの間のシームレスなインターフェースを提供する利点が主な決め手となり、I-deas NX Series の採用を決定したものです。

「モータースポーツにはさまざまなジャンルがありますが、常にタイミングがすべてです。新型ピックアップトラックの製作を軌道に乗せる場合も、改造モデルを作る場合も、所要時間の短縮は、チャンピオンシップ獲得に繋がるマシンの製作において意義があります。」と、日産ラリーレイドチームのテクニカル・マネージャーを務めるChristophe Chapelain氏は述べております。「コンピュータ・シミュレーションは不可欠です。I-deas NX Seriesでは、デザイン・ツールと解析ツールがシームレスな関係にあるので、レース仕様のピックアップの設計にシミュレーションの成果を最大限に活用でき、最適な設計が可能になります。」設計チームは、ピックアップの各種部品のモデリングに、UGS製I-deas NX Seriesを使用しました。また、さまざまな選択肢の評価を行い、どうすればスピード、耐久性、重量の最適なバランスを得られるかを判定する際にも、I-deas NX Seriesを活用することで、経費と時間の負担が大きい物理的モデルを使わずに済ませることができました。

「実は、日産ラリーレイドチームのパートナーであるSolutions Fは数年前からI-deas NX Seriesを使用しています。そのことも当チームの決定を後押しする要因になりました。両者の間でスキルの交換が行いやすくなるからです。」とChapelain氏は述べております。

「日産ラリーレイドチームのような世界的に活躍する組織が、厳しい設計要件とタイトな開発スケジュールの中、輝かしい目標への挑戦のために弊社の技術と専門知識を活用する選択をされたことを、我々は誇らしく思っております。」と、UGSフランスのプレジデント、Pascal Zehrenは述べております。「UGSは、グローバルな製造企業による最高に意欲的なビジネス課題を解決することを通じて、今日のPLM市場のリーダーとしての地歩を固めてまいりました。弊社のソリューションが日産ラリーレイドチームの信頼を勝ち得ましたのは、UGSのリーダーシップが強固な技術基盤に支えられていることの証です。」

UGSのNXは、企業の製品ライフサイクル全体の革新を実現する次世代のデジタル製品開発システムです。業界トップの適用範囲を持つ統合アプリケーション群として、製品の設計からエンジニアリング、製造に至る開発プロセス全体に対応しています。NXを利用することで、製品の構想から詳細設計、エンジニアリング、検証、製品定義の捕捉を、完全にデジタルな環境で行えるようになります。

UGS について

UGSは、世界全体で400万本近い販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。

ご質問はありますか?