07 February 2005

Autoweb社、急速に拡大するJT Openに参加

2005年2月7日

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアと関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGS PLMソリューションズ株式会社(本社:東京、代表取締役社長:飯田 晴祥)の米国本社UGSは本日、自動車業界向けのB-to-Bデータ交換サービスにおいて世界的リーダー企業であるAutoweb Communications社が、JT Openに参加したことを発表いたしました。

JT Openは、UGSが顧客の要請に応じて組織した諮問団体であり、PLM業界で幅広く利用されている3D JTデータフォーマットを、製品情報や製造情報を共有するための共通規格として確立することを目的としています。同2003年11月の発足以来、急拡大を続けています。JT Openには既に世界中の数多くの製造企業が参加していますが、Autoweb社はこの拡大する同諮問団体の一員として新たに加わることになります。

今回のAutoweb社のJT Openへの参加に関し、関係者より以下のコメントを頂いております。

「当社はUGSのPLMソリューションの強力な機能を評価し、世界中の自動車産業でTeamcenterとJTが圧倒的なシェアを占めていることを認識して、UGSとの密接な提携関係を確立しました。JT Openに参加することによって、当社はこのオープンな3Dデータフォーマットをさらに普及させるという使命を明示し、JTの将来の開発と発展のために積極的な役割を担っていきたいと思います。」

Autoweb社
社長兼CEO
Nino DiCosmo氏

「Autoweb社がJT Openに参加したことは自動車業界だけではなく、効率的なコラボレーションとデータ共有を通じて製品ライフサイクル管理のメリットを最大化しようとするすべての業界にとって重要な意味を持ちます。3次元のJTデータフォーマットのようなオープンな規格を確立することによって、PLM業界は互換性のないデータフォーマットから生じる余分なコストを削減し、製品開発期間を大幅に短縮することができます。」

UGS オープン・ツール担当
バイスプレジデント
Bruce Feldt

あらゆる業界で利用できるオープンな3Dデータフォーマット:

Autoweb社は自動車業界のOEMやサプライヤーに様々なアプリケーション・サービスを提供する先進的なプロバイダであり、世界中の自動車産業における主要な3DデータフォーマットとしてJTの地位を確立するのに大きな役割を果たします。Autoweb社のこのような影響力と、航空宇宙などの他の産業へのサービス提供能力を組み合わせることによって、JTのさらなる普及と拡大が期待されます。

JT Openについて

JT Openは、PLMを競争優位性につながるものと考え、JTデータフォーマットを標準規格として採用したグローバル・リーダー各社が推進している諮問団体です。JTは、製品ビジュアライゼーションやPLMソフトウェア間の情報共有を可能にする共通の3Dデータフォーマットです。堅牢な機能と軽量性を特徴とするJT技術により、世界中でリアルタイムに、製品ライフサイクルの全段階にわたり、製品データや製造情報、インタラクティブ・イメージの閲覧・共有が可能です。

JT Openへの参加は、あらゆるエンド・ユーザ企業や独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)、学術機関、非営利の業界団体に開かれています。JT Openのメンバーは、UGS、General Motors、Ford、DaimlerChrysler、マツダ、Renault、Visteon、Caterpillar、Autoweb、Bentley、PTC、Alias、Theorem、Opticore、Polyplan、Landmark、Actify、および学術会員の米国Brigham Young大学、Michigan大学、独Darmstadt工科大学、上海交通大学、などが参加しています。

その他、JT Open賛同企業として、HP、Intel、Microsoft、SAP、Tecnomatix、Elysiumなど、この諮問団体から間接的に価値を得ている企業が数多く参加しています。

JT Openについての詳細は、< http://www.jtopen.com/index.shtml>(英文)をご覧ください。

Autoweb社について

Autoweb Communications社は、安全性・信頼性・透過性に優れたコミュニケーション媒体を通じてエンジニアリング・サプライ・チェーンを相互に接続するデータ交換サービスを世界的な規模で提供している先進的なプロバイダです。Autoweb社が製品やサービスを提供する顧客は、世界30ヵ国以上にわたり、2,500社以上の企業と8,000人以上のユーザに及んでいます。Autoweb社の目標は、世界中の全製造業界において独自の製品情報や企業情報を安全に共有するためのメカニズムを増進することです。Autoweb社はNTTコミュニケーションズ株式会社の100%子会社であり、米国ミシガン州ロチェスターヒルズに本社を置いています。Autoweb社の製品とサービスの詳細については、 www.autoweb.netをご覧ください。

UGS について

UGSは、世界全体で400万本近い販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。