本文へ移動

08 February 2005

UGSとCapgemini社、戦略的提携を発表、顧客の効率性と収益性向上のため、エンタープライズ規模の製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションの展開を支援

2005年2月9日

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGS PLM ソリューションズ株式会社(本社:東京、代表取締役社長:飯田 晴祥)は本日、同社の米国本社UGSとコンサルティング、テクノロジー、アウトソーシング関連サービス分野で世界トップ企業の一つであるCapgemini U. S. LLC(以下、Capgemini社)とエンタープライズ規模のPLMソリューションの提供に向けて協調し提携を結んだことを発表いたしました。

今回の提携により両社から提供されるソリューションは、より良い製品・商品を開発するためのプロセスに変革をもたらし、企業の業務の効率性と収益性を向上させることを目指して設計されるものです。

Capgemini社とUGSは今後、マーケティング、事業展開、販売活動、ソリューションの提供と運用を共同で行うコラボレーションを通じ、PLMベース・ソリューションの導入効果を最大限に高めてまいります。また、今回の提携により、両社は、UGSのPLMソリューションとCapgemini社のCollaborative Business Experienceを共に強化することで、個々の顧客のニーズに合わせたエンタープライズ規模の統合を可能にし、より充実した業務コラボレーションと迅速な投資回収を支援します。

Capgemini社のAccelerated Solution Environment(ASE)は、同社の提唱するCollaborative Business Experienceと市場戦略モデルの要となるプログラムです。このサービスを通じて、さまざまな顧客チームは、企業がしばしば遭遇する複雑なビジネス上の問題に関して短時間で合意に達し、共通の理解を築くための能力をつけることができます。

Capgemini社との提携は、UGSが2004年5月に独立業務を開始して以来、システム・インテグレータとの間で締結する大型提携となります。

今回の戦略的提携に関して、関係者より以下のコメントを頂いております。

「PLM市場が成熟期を迎えたこの重要な転換期に、私達はこの発表ができたことをうれしく思います。PLM業界は今、エンタープライズ規模のより広範な統合PLMソリューションの必要性に気づいています。今回の提携は我々が業界でのリーダーシップを示すものであり、お客様は、UGSのオープン・スタンダードと真の企業力を活用して、自社の競争力をさらに向上させることができるようになります。今後数年間に、PLMの世界市場は急成長を遂げると確信しております。我々は長期にわたる提携を通じ、市場を一変させられると考えています。」

UGS
グローバルセールス&サービス担当エグゼクティブ・バイスプレジデント
Jim Milton

「PLMの価値が明らかになりつつある現在、企業がより迅速に新製品の発売に漕ぎつけるための技術投資を始めることは、避けられない流れとなっています。業界をリードするUGSのPLMソリューションと、弊社の業界における経験とエンタープライズ統合に関するスキルを結びつければ、最高のPLMソリューションが出来上がり、総収益の増大につながるものと考えております。」

Capgemini社
北米地域サプライチェーン・コンサルティング・リーダー
Kevin Poole氏

「ASEこそ、この分野で他の企業から弊社を差別化するサービスです。Capgemini社は多くの業界の多様なソリューション分野にASEサービスを提供し、成功しています。UGSとのコラボレーションは、私達のこの能力をPLM分野において一層強化する力となります。エンタープライズ・レベルのPLMの価値を、多くの経営者に受け容れられる形で示すことができるでしょう。」

Capgemini社
PLMプラクティスリーダー
Martin Connor氏

今回の提携は、従来の製造業をターゲットとするだけでなく、PLMの成長分野と考えられるエネルギー、生命科学、消費財といった市場分野においても、Capgemini社の存在価値と能力を高めるものです。製造業の領域では過去10年間、コラボレーション、ナレッジ・ネットワーク、そしてイノベーションの重要性が注目を集め、発売までの期間短縮やコスト削減、品質の向上といった成果をもたらしています。これらの分野で学んだ知恵を、上記のような他分野でも役立てることができるのです。

Daratech社によると、PLMソフトウェアと関連サービスの世界市場は、2007年まで約10%の年平均成長率を記録し、124億ドル以上に拡大すると見込まれています。また、UGSがTeamcenter製品群でリードする、製品データ管理とコラボレーションのPLM市場セグメントは、2007年まで約12%の年平均成長率が予測されています。

Capgemini社について

Capgemini社はコンサルティング、テクノロジー、アウトソーシング関連サービスを提供する世界のトップ企業の一つです。顧客とのコラボレーションによるユニークなアプローチを特色とし、この方法をCollaborative Business Experienceと名付けています。企業や行政機関と共に、双方の成功と資産価値の獲得を鋭意追求する中で、成長と変革へ向けた戦略の実行、技術の活用、コラボレーションの力による繁栄を支援します。Capgemini社は、2004年4月15日以前はCap Gemini Ernst & Youngの社名で知られていました。現在の従業員数は世界中で約6万人。全世界における2003年度の売上高は、57億5,400万ユーロを達成しています。同社の個々のサービスライン、事業所、リサーチに関する詳細情報は、 www.us.capgemini.comをご覧ください。

UGS について

UGSは、世界全体で約400万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。