08 March 2005

UGSのSolid Edge バージョン17、相互運用性を向上、「ダイレクト編集」機能を新規搭載

【2005年3月8日 米国テキサス州PLANO発 日本語抄訳】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGS(本社:米国テキサス州プラノ、会長、社長兼CEO:Tony Affuso)は、Solid Edge®バージョン17に新たに「ダイレクト編集」機能を付加したことを発表しました。この新機能は、ユーザーによる複雑なモデルの設計作業を簡素化し、他のソースからインポートした3次元ジオメトリとの相互運用をより円滑な実行を可能とします。

併せてUGSは、業界をリードするバリューベースの3次元CADシステムであるSolid Edgeのバージョン17についても発表いたしました(この件については、別のプレスリリースをご覧ください)。

Solid Edgeバージョン17は中規模市場向けCADソフトウェアとしては唯一、履歴ツリーの編集を行わずにモデルを直接編集できる機能を提供します。これはCAD市場のメインストリームにおける飛躍的な前進といえます。「ダイレクト編集」機能を使用すると、ネイティブの複雑なパラメトリック・モデルの「事後」編集を行う際に、履歴ツリーに記録されている手順を遡る手間が不要になります。また、インポートした3次元ジオメトリを編集する場合、フィーチャーやパラメータのインポートを行わなくとも、「ダイレクト編集」による作業が可能となります。「ダイレクト編集」の搭載により、Solid EdgeはNX™ソフトウェアとの相互運用性の点でも、またPro/ENGINEER®、Autodesk Inventor®、SolidWorks®などのシステムとの共存や移行が行いやすくなるという点でも、他製品をはるかにリードするソフトウェアとなります。

「ダイレクト編集」機能:

  • 他のソースからインポートした3次元データの修正が手早く行え、Pro/ENGINEER、Autodesk Inventor、SolidWorksなどのシステムとの共存や移行を容易とする。

  • NXで作成した3次元モデルの修正を即座に実行可能とし、NXとの相互運用性を向上させることにより、移動、回転、リサイズなどのトポロジー、曲げ半径の変更や板金モデルの角度変更、穴や領域や円弧の消去、ジオメトリのオフセットといった、複雑なジオメトリの修正を効率的に実行可能とする。

  • パラメータ化されていないモデルの処理機能を向上し、いったん「ダイレクト編集」を実行すると、その後の変更にはパラメータ値の使用を可能とする。

  • 知的財産保護のため、サプライヤーへの配布前に不要なディテールの簡略化を可能とする。

  • コンポーネントのサイズ変更を容易に実行可能とする。

「ダイレクト編集」機能により、非常に複雑なモデルの履歴ツリーを操作する必要がなくなります。ソースを問わず、あらゆるジオメトリの編集作業が簡易化されます。またジオメトリを再利用する場合、外部モデルからのフィーチャーのインポートが不要になります。「ダイレクト編集」は、Design with Insight(先を見通した設計)ビジョンにより3D設計のへの移行を支援するSolid Edgeの新機能です。

Solid Edgeについて

高性能な3次元CADソフトウェアであるUGSのSolid Edgeによって、製造企業はDesign with Insight(先を見通した設計)、市場投入までの期間短縮、品質向上、低コストを実現することが可能です。CADシステムに設計管理機能を直接組み込んだSolid Edge Insight技術により、設計意図を組織全体で共有させ、連携を高めることができます。Solid Edgeの卓越した基本モデリングやプロセス・ワークフローとともに、このInsightによって、ますます複雑化する製品の設計を容易にし、日々変化する市場ニーズに応えることができます。アルコア、日本電気エンジニアリング、ボルボ等、世界で何千もの企業にSolid Edgeは使用されています。また、Solid Edge ボイジャ・プログラムには200種類の統合されたエンジニアリング・ソフトウェアや、コンピュータ・ハードウェア・ソリューションが含まれています。

UGSについて

UGSは、世界全体で400万本以上の販売ライセンス数と42,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスおいて世界をリードするPLMプロバイダです。同社は、技術の公開や標準化を推進するとともに、顧客との密接なコラボレーションを行うことにより、プロセス改革を可能にするさまざまなソリューションの提供を行っており、数多くのお客様がPLMの有効性を認識し始めています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.comにてご覧いただけます。