21 June 2005

UGSの包括的PLMソリューション「Teamcenter」、Procter & Gamble (P&G)の戦略的な購買・調達とサプライヤ管理用の統合ソリューションとして採用される

【2005年6月21日 米国ニューヨーク発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアと関連サービスにおいて世界をリードするプロバイダUGSは、Procter & Gamble (P&G) とのソフトウェア/サービス契約に調印したと発表しました。この契約により、P&G は、UGSのデジタル・ライフサイクル管理ソフトウェア製品ラインであるTeamcenter®に基づく戦略的な購買・調達(ソーシング)のためのソリューションを導入します。P&Gはこのソリューションを世界的な規模で導入し、購買・調達担当者や供給企業(サプライヤ)との情報共有に活用する予定です。

P&Gは複数のソリューションを評価した結果、Webベースのサプライヤ関係管理(SRM:Supplier Relationship Management)を実現するためにUGSのTeamcenterソリューションを選択し、P&Gの企業サプライヤ・ポータルにTeamcenterを組み込むことを決定しました。Teamcenterのソーシング・コミュニティを利用することによって、P&Gはサプライヤ関連のすべての業務を単一の統合システムで管理できるようになります。

「P&Gの今回の導入によって、UGSはPLMと統合した次世代のSRM機能を顧客に提供できることになりました。P&GとUGS間の密接なコラボレーションにより、ソーシング・プロセスの効率化とソーシング業務の最適化を実現するために必要な各種機能が明確になりました。さらに重要なことは、企業の意思決定プロセスを効率化するための解析手法と実現ツールを提供できることです。」

UGS社
グローバルセールス&サービス担当エグゼクティブ・バイスプレジデント
Jim Milton

複雑性の回避

UGSのソリューションを採用するに際しP&Gは、Teamcenterがマルチベンダーのソーシング・ソリューションからなる既存のアーキテクチャの統合および製品開発プロセス、ソーシング・プロセスとSRM(Supplier Relationship Management)を連携することによるシステムの複雑化を回避することが可能であることを重視しました。また、P&GはTeamcenterが提供するコラボレーション機能、使いやすさ、Teamcenterを基盤としたシステムの迅速な導入、2万人を超えるユーザ環境にも導入・対応可能な拡張性を評価しました。UGSの迅速且つ木目の細かいサポート体制への信頼も採用の決め手となりました。

「P&Gは購買・調達プロセスに参加するすべての関係者に、P&Gのソーシング・アプリケーションや製品データに透過的にアクセスできる統合環境を提供するために、世界規模のソーシング環境の構築を目指しています。戦略的ソーシングはP&Gの競争上の優位性を確保するために重要です。UGSの新しいソリューションは革新的な製品の購買・調達から商品化までのプロセスを効率化するのに大きな役割を果たします。P&Gの購買・調達担当スタッフは、他のシステムで作成されたデータの検索と再利用を行うことにより、ソーシングに関して極めて効率的で迅速な意思決定を下せるようになります。また、日常のルーチン作業を自動化し、サプライヤに対してセルフサービス・サポートを提供することにより、P&Gはソーシングに関する戦略的な意思決定にこれまで以上に多くのリソースを集中できるようになります。」

P&G
購買部門担当アソシエイト・ディレクター
Dave Schmid氏

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Teamcenter、NXは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。Autodesk、InventorはAutodesk, Inc.の商標または登録商標です。Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。CadenceはCadence Design Systems, Inc.の登録商標です。Zukenは株式会社図研の商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分ついては、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。