本文へ移動

05 July 2005

UGS、Teamcenterとマイクロソフトのビジネス・ソリューションとの包括的な統合を目指し、提携を強化

【2005年7月5日 米国テキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは、ソフトウェア、サービス、ソリューションの分野で世界をリードするマイクロソフト®との提携を強化したことを発表しました。この業務提携強化は、マイクロソフトのビジネス・アプリケーション管理プラットフォームとUGSの製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションであるTeamcenter®との統合を含んでおり、製品データやプロセス・データを単一のソースに統合することで、より簡単なデータへのアクセスと再利用を可能にします。

今回の業務提携は、ERPやPLMといったビジネス・ソリューションを統合し、大幅な業務プロセスの改善、画期的な製品を低コストかつ迅速に市場投入することでより企業業績を強化したいとする市場需要の高まりが背景にあります。特にTeamcenterの統合対象を大企業向けから中堅企業向けのERPシステムに広げることによって、さらに多くの企業が効果的かつ効率的にPLMの導入が図れます。

この提携によって提供される新しいソリューションは、エンジニアリング部門のデータを企業内ERPプロセスに統合できるようにするものであり、これによって、エンジニアリングから製造までの一連のプロジェクト・フローがさらに円滑化させます。両社がオープン・スタンダード・アプローチを採用していることから、UGSのTeamcenterとマイクロソフトのビジネス・ソリューション(多業種中堅企業向け財務管理ソリューションのGreat Plains®など)との統合が実現可能になりました。

「このレベルのコラボレーションやイノベーションを推進できるのは大企業だけとされてきましたが、マイクロソフトのビジネス・ソリューションの導入が増大していることから、これまで以上に多くの市場セグメントでもコラボレーションやイノベーションが可能となります。さらに、マイクロソフトとUGSが採用しているオープン・スタンダード・アプローチがこのソリューションの市場投入を加速化します。UGSのTeamcenterとのシームレスな相互運用性が可能になるマイクロソフトの最初のソリューションはGreat Plainsで、その次はAxapta®となる予定です。」

UGS社
Teamcenterアプリケーション担当バイスプレジデント
Steve Bashada

「UGSとマイクロソフトとが協力して統合イノベーションを推進することによって、UGSは両社共通のお客様に対しニーズに応えるPLMソリューションを引き続き提供することができます。PLM分野におけるUGSの専門性/業界ノウハウと、マイクロソフトのビジネス・アプリケーション管理プラットフォームとが組み合わされば、両社は、お客様の既存の技術投資を最大化する一方で、総所有コストを低く抑えられるソリューションを提供できるようになります。」

マイクロソフト社
Microsoft Business Solutions
ビジネス開発担当バイスプレジデント
Dave O'Hara氏

「マイクロソフトとUGSは、大企業向けおよび中堅企業向けに統合ソリューションを提供する優れた能力を持っています。TeamcenterとMicrosoft Great Plains、そしてMicrosoft Axaptaとの統合ソリューションは、これからの製造業を牽引していくものと思います。また、この統合ソリューションは、両社のビジネス・パートナーに対しても新しいビジネス・チャンスを創出します。UGSにとっては、グローバル・パートナー・ネットワークがさらに拡大し、マイクロソフトにとっては、Microsoft Great PlainsとMicrosoft Axaptaの販売パートナーのビジネス成長と競争力アップにつながるチャンスがもたらされます。」

UGS社
中堅企業/グローバル代理店販売担当バイスプレジデント
Kerry Grimes

Microsoft Great Plainsについて

Microsoft Great Plainsは、業種を問わない中堅企業向け財務管理ソリューションです。最新バージョンのMicrosoft Great Plains 8.0では、ユーザビリティの向上、流通・製造・プロジェクト会計に関する豊富な機能の追加、Microsoft Business Solutions Business Portal 2.5およびMicrosoft Office 2003との統合機能、解析機能の向上が図られています。

Microsoft Axaptaについて

Microsoft Axaptaは、製造業、流通業、小売業、サービス業向けに最適化された主要なグローバル・ビジネス管理パッケージです。最新バージョンのMirosoft Axapta 3.0では、Webベースの新しいフレームワークを通して作業するのに必要なビジネス情報やプロセス情報へのアクセス機能が大幅に向上されています。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGSおよびTeamcenterは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。Microsoft、Great PlainsおよびAxaptaは米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。

ご質問はありますか?